【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

想い

不登校、引きこもりがちの子供の小さな行動は、私に喜びを与えてくれます

投稿日:2017年1月20日


 

センター試験が終わって、息子自身も気持ちを切り替えて、2月の試験に向けて勉強し始めました。

落ち込みや悔しさは一瞬。

私は嬉しい気持ちの方が強かったので、また前進を試みようとする息子がたくましく、大人びて見えます。

自分が嬉しい気持ちでいると、引き寄せることも嬉しいことがあるものです。

それも、意外に身近なところであったりなのがまた嬉しさを倍増させます。

 

私がよく行くお店があるんですけど、そこのスタッフさんとはプライベートなことも話し合うLINE友達です。

息子の不登校のことは話してあり、日中でも息子を連れてお店に連れて行ったりしたこともあって、実は息子とも顔なじみなんですね。

実は、その方のお子さんも登校の行き渋りがあって出席日数ギリギリで高校を卒業。私と同じように悩んできたお母さんでもあるのです。

そのお母さんから先日電話がありました。

お客様のお子さんで高校はなんとか卒業したけど、外に出れなくて家にいる子がいる、と。

今は大学を目指してはいるけれど、家から出れないから息子のカテキョー君のような家庭教師さんを知らないかな?息子が合格したら、カテキョー君をその子に・・みたいな話だったんですね。

カテキョーは相性が大切なので、私も即答はできなかったんですけど、カテキョー君との縁をくれたカウンセリングドクターを紹介したのです。

それが土曜日の話。

そして、月曜日に早速友達から連絡が来て、「カウンセリングに寄ってから、お店に顔出してくれたんだよ」と報告があったのです。

その子は「高校の時にここに来れてたら良かった」と言い、お母さんはお子さんの状態が良くなるなら通いたいと話していたよ、と教えてくれました。

 

この話を聞いて私は嬉しくてね、またカウンセリングに行ってくれたらいいなと思いましたよ。

カウンセリングに通うことができれば、それは彼にとっても大きな一歩になるだろうし、それが大きな大きな自信につながるんですよね。

外に出れない子が初めてのところに行くこと、これにはどれほどの勇気がいることでしょう。

そんなの大したことではない、なんて言葉は使えないと思います。

そのカウンセリングの時間だけで精神的にはグッタリなはず。

息子も今でも外に出ることは疲れるみたいですからね。

 

振り返れば、息子もカウンセリングのドクターとの出会いが大きかったんですよね。

そこで、息子に合うというカテキョー君を紹介され、カテキョー君から勉強の面白さを教わり、今ではカテキョー君に紹介された代ゼ○にも通えるようになりましたから。

そして、躓きながらも勉強を続けられるのは、話を聴いて、励まし、持ち上げてくれるカテキョー君やドクターがいるからなのです。

私がそのバトンを今悩んでいる方に渡せるのが本当に本当に嬉しくて、今度は彼が少しずつ前進できるように願っています。

きっと、その子のお母さんも素敵な方なんだろうな。

お子さんの学校への行き渋り、引きこもりで悩んだお母さんですからね。

不登校の子供のお母さんって、みんなホントいいお母さんばかり。
お子さんも良い子ばかり。

涙が出るくらい・・・。

 

だから、絶対大丈夫!
親が諦めなければ、子供は自分の足で歩くことを始めます。

人より遅れをとってもいいじゃないですか?
人と同じでなくてもいいじゃないですか?
過保護と言われようが、子供が前に進もうとしているならサポートしてもいいじゃないですか?

学校に行けない、外に出れない、そのような子供が行動を起こすことは、その子にとっては恐怖に近い勇気だと思います。

慣れるまでの間は、母親はそばにいて、大丈夫!と微笑んであげればいい。

子供の将来を見据えればいいんですからね。

 

ちょっと、今日は熱く語ってしまいましたが、このブログを始めて、メルマガで個別に付き合えるようになって、わたしの人生観は大きく変わりました。

少しでも親子の笑顔が増えれば嬉しい、心から思います。

親子の笑顔を増やすためには、まずはお母さんの笑顔が必要、お母さんの温かい大きな心が必要と私は思っており、私のメッセージはお母さんの心に新たなモノを吹き込みためのものと思ってお届けしています。

何度も似たような話を書いているかもしれませんが、繰り返し読むことで思考習慣も変わっていきます。

そして、いつの間にか、あれ、私変わってきたかな?が理想なのです。

だから、できるだけ毎日書くんですよ。
それが私のできる唯一のことですから。

今日も読んでいただきありがとうございます。

 








-想い

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

学校から離れることでわかることもある。この機会を無視しないで欲しい。

  昨日の朝、主人から『今日何の日か知っている?』と聞かれました。 1月23日ですね。   実は私達夫婦の結婚記念日でした(笑)   特にお祝いをするとかはないんですけど …

【不登校】の息子も私は大好きで応援していた♪

  最初にちょっとだけお知らせをしておきます。 実は、私が愛用しているパソコンに寿命が来ておりまして、昨日から電源が入らない、使えない状態になってしまいました。 この投稿は息子のパソコンを借 …

突然、自分だけ他のクラスに行くことを命じられたら・・・どんな気持ちになるだろう?

4月からは新年度。 新たに入学する子もいれば、進級してクラス替えとなる子もいます。先生も変わりますね。 子供たちにとっては大きな大きな環境の変化です。 進学は勿論だけど、進級でも内向的な子たちにとって …

子供の目が輝く瞬間に!

  この時期は、学校によっては修学旅行があったり、運動会があったり、はたまた秋休みを利用して旅行をしたり、いろんな行事があるようですね。 何かと忙しい時期とも言えるでしょう。 先日、修学旅行 …

不登校に対する想い~再び

  『息子の中学校で、同じ学年で不登校の子は10人くらいいるよ』   これは、先日帰省した友人と会った時の話です。   彼女は近畿地方に住んでいますが、息子さんは普通の公 …