【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

想い

不登校生活最後の日は、結局バタバタ劇場で幕を閉じました

投稿日:2017年3月15日


 

昨日は記事を投稿した後、時間に余裕を持って行動できていたんですよ。

ところが、さあ出よう!というときに、息子があることを気にしだしたのです。

結果としては、それがものすごく良い方向に行ったのですが、めちゃ焦りましたよ。

これは、情報面で不登校の不利な面が出ましたね。

私もほとんど無知で恥ずかしい限りですが、勉強になりました。

 

実は、昨日の受験科目は、国語、英語、面接だったんですね。

私はふ~ん、そうなんだ・・と。

ただ息子は面接はお初ですし、受け答えの心配というよりかは、身だしなみや入退室の動作や座るタイミングといったマナーのことを心配して調べていたんですね。

 

『どこを見てもスーツって書いてあるんだけど・・・スーツの方が良いのかな?』

 

息子は通信制なので普段は私服。制服はありません。

私も全く気にかけていなかったので、『え?』な感じでして『そうなの?』と。

もう時間もなかったのでね、大学に電話して聞いちゃいました^^;

 

そうしたら、制服のある子は制服で、ない子はスーツの方が多いですね、と親切に教えて下さいましたm(__)m

(ありがとうございましたm(__)m。とても助かりましたm(__)m)

 

それからはもう大変!!!

タンスからスーツ一式を探し出し、着替えをし、一応、なりを整えて、車で送っていきました。

着いたのは5分前でぎりぎりセーフ!

会場は制服とスーツの人しかいなかったよ、あぶねー、と息子は言っていましたし、本当に恵まれましたね。

 

なので、もし、試験に面接があったら、スーツ着用です。

制服のある方は、卒業式終了後でも制服みたいですね。

 

入学式の時にスーツを揃えていたので助かりましたが、最後はこんなオチでしたよ。

 

試験終了後はですね、卒業式に間に合いそうだったので、そのまま卒業式に滑り込ませました。

もうほとんど終わっていたみたいですけど、友達とも会えたし、写真撮影もできたようです。

スーツを着ていたので、こちらもラッキーでしたね!

こんな感じで落ち着くつもりがバタバタ劇場でした。

 

ほとんどの友達が受験も終わり進路が決まっている中、息子だけがまだ決まらない状態です。

仲の良い友達二人は浪人が決まったそうで、また予備校で一緒になる可能性もでてきました。

『俺1人だったら凹んだけど、あいつらもいるならいいや』とちょっと安心している息子です。

 

親の心境も卒業式の頃まで来ると、本当に変わるものですね。

誰でもこの傾向があるとは思うのですが、最初は○○大学に入れたらいいね、と願望を入れつつ我が子が入学するイメージを持ちます。

ところが、理想通りにいかず不合格が出始めると、今度は『ひっかかってくれ~』と、当初は親として難色を示していた大学でも『お祈り』をするようになるのです。

そして、最後になると、もう一年頑張ればいい!と浪人に寛容になります(笑)。

 

親、特に母親はこの傾向が強いかな。

母親は我が子の最強の応援団なんだと思います。

子供がどんな状態でも最後は受け入れていくんですよね。

 

自分が母になってわかることも多いのですが、私も両親から同じ愛を受けていたということでもあって、どんなに反抗的な私であっても、ずっと見守ってきてくれていたんだな、と今になってありがたく思っています。

親子での学びというのは片方だけでは不十分で、親に対する子供の観点からの学びと子供に対する親の観点からの学びとの両輪で成り立つものですね。

 

合格発表は金曜日ですが、正直な母親の心境は、結果はどちらでもいいんだよ、です。

今はお疲れさま。少しゆっくり休んでください。

そう思っています。

 








-想い

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

不登校はギフト!いつかそう思える日がきっと来ます

  ここ数日、読者様からのメールをじっくり読み込んでおりまして、母親の立場からの気持ちをたくさん感じています。 不登校になる理由もそれぞれで、はっきりとわからないことも多いですよね。 不登校 …

不登校の子供に見せたくない言葉

  不登校のブログを書いていると、不登校関連の情報も目に入ってくるし、優しくない言い方も目に入ってしまいます。 今回目に入ってきたのは、底辺という文字。 不登校だと、底辺高校、底辺大学にしか …

受験とは、勉強とは皮肉なもの。それはなぜかって?

  勉強とは皮肉なもの。 これは今朝の私が感じている感情です。   息子の苦手な科目は英語。 しかし、受験で絶対に避けられないのが英語でもあります。 息子曰く、英語がそこそこできる …

息子の心を掴んだ先生を今日は思い出しています

  息子を見ながらつくづく思うことがあるんですよね。 息子が心を開ける大人とは?とね。 息子が不登校になってから、私もその時の担任の先生と対話を重ねてきました。 小学校、中学校の9年間で、息 …

おかげ様で「正式合格」となりました。あなたの応援に感謝致します。

  おはようございます! 昨日、メルマガの読者様には一足先にご報告を差し上げましたが、 昨日、息子の志望する大学から、   「正式に合格となりました」   と電話連絡があ …