【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

想い

息子の大学に潜入してきました(笑)

投稿日:2017年6月16日


 

大学に通ってはいるものの、息子の家での生活はまるっきり変わらないものですね~。

昼夜逆転は相変わらずで、2時3時までチャットしながらゲームしているし、眩しいし、うるさいし、私は寝不足・・・でも、大学に通えているんだから贅沢は言いません(^^;)

休講があったり、お昼過ぎから大学に行ったりだし、全然役に立っていない目覚ましはなるものの私は放っておいて、起きるまで寝かせております。

で、先日お昼過ぎに起きてきた息子が珍しく焦っていました。

「ご飯何食べる?」と聞いたら「そんな時間ない!」というお答え。

「あ、そー」ご飯を食べ続ける私。

起きてから出かけるまでの準備の早いこと、早いこと。5分かかっていない?さすが男子だね(笑)

そんなことを心で思っていたら、次の言葉が飛んできました。

「ほら、食べてないで行くぞ!」

「(@_@)???」

「時間ないから早く着替えて!」←pumaのジャージ着用中^^

なんか知らないけど着替え始めた私です(笑)

 

この話術(笑)

私が送るのが前提で、当然のように話している(笑)。このような話し方をされると動いてしまうから不思議・・・いや、息子の策略に乗る私がアホ?(笑)

でも、こうゆうの嫌いじゃないのよね(*´▽`*)

親バカな母親は車で送ったのでしたm(__)m

 

ついでに、大学内にある工芸館を見たい!と警備員の方に告げて、大学内に潜入してきました。

実は、私が受けていた資格試験の会場が息子の大学で催されていて、年に一回は受験で来ていたんですよね。10年以上ぶりに入りましたけど、すごく懐かしく感じました。独身の時、結婚してから、そして、息子が生まれてから、とそれぞれ状況の違う時に受験で訪れていて、まさか自分の子供がココに通うなんて思ってもいなかったですね。そんな想像すらなかった。

「縁」、当時は見えなかった縁というものが今は辿ることで見えてきます。

こうした感覚は、実際に行ってみることで感じるものなんですね。懐かしさ、不思議さ、嬉しさ、そういった感情を一人噛みしめていましたよ。

高校や大学は写真や話だけではわからないことが多く、実際その場に行って肌で感じてみることがとっても大切です。息子は一切オープンキャンパスには行きませんでしたが、可能ならば、私はお子さんと一緒に行くことをおススメしたいです。

もしお子さんが嫌がるようならお母さんだけでも良いと思いますよ^^

お母さんの感覚とお子さんの感覚は違いますけど、それでもお母さんの勘というものは鋭いですからね、お子さんに合いそうか合わなそうかはわかると思います。

息子は高校の時は合同の説明会で本人が決めました。キャンパス長が対応してくださったのですが、息子にとっては好印象だったんでしょうね。すごく安心感を抱けたのかな?この先生なら大丈夫!とね♪

大学は、受験の時に、雰囲気、大学の対応を感じ取り、好き嫌いがハッキリ分かれていましたね。

 

これからオープンキャンパスがあったり、文化祭、大学祭があったりで、学校内の雰囲気を感じる機会はありますよね?ぜひ、その機会を利用して、実際に学校の雰囲気を感じ取っていただきたいなぁと思っています。

 








-想い

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

息子と私は「行くもんか!」不登校♪

  昨日は大学後カウンセリングに行ってきました。 最近はカウンセリングというより、雑談に近い感じになっていて、いろいろ面白ネタを持ち帰って来てくれます(笑) たまに内科医らしい話が出ると「あ …

夏休み明けの不登校のお母さんに伝えたいこと

  全国的に夏休みも終了し、それぞれの想いがある休み明けを過ごされてるのでしょうね。 夏休みが終わってストレスを抱える方、ストレスから解放される方、これもまたイロイロなんですよね? 私は疲れ …

評価はされないことが多いけど、不登校生は見えない心のなかで誰よりも頑張っているんですよ!

  今月に入ってからかなあ、息子がちょっと睡眠障害を起こしています。 元気は元気なんですけどね。 夜、眠くはなるんだけど、布団に入ると寝れない。眠いけど寝れない。 これって、不眠症なんでしょ …

不登校の子供の言葉にならない気持ちを通訳するように話せたら

  我が家の4月、5月、6月は、主人の仕事が忙しくほとんど出張でいません。 一週間に一度の割合で帰宅するのですが、昨日がその帰宅日でした。 主人も疲れているだろうに、息子とちゃんと会話してい …

不登校の復学のポイントは、その子が感じる楽しさもあるのかな?

  今日、たまたま『しくじり先生』で、そのまんま東さんが話しているのを観ました。 ほんと、タイミングよく私の目に飛び込んで来て、必要な情報はちゃんとキャッチできるんだぁ、と嬉しくなりましたよ …