【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

想い

不登校で学べたこと~冷や冷やだったけど心が和んだ先生と息子の会話より

投稿日:2017年3月16日


 

受験も終わって一段落といきたいところですが、20日頃までは私の予定は結構びっしり。

もうひと頑張りですね。

 

昨日は息子と一緒に高校に行って、挨拶を済ませてきました。

全国各地にキャンパスがある通信制高校なんですけど、息子が通っていたところはとても明るくオープンな雰囲気。

先生との距離感も近くて、先生と生徒の関係は歳の離れた友人のような感じです。

 

先生『試験の手ごたえはどうだったのよ?来年はどういう方向にするつもり?』

息子『東京の私立を視野に入れて、第一志望に据えようかなと思っています。』

先生『そっか。発表いつだっけ?』

息子『金曜日ですね。』

先生『結果さ、電話でいいから教えてよ。』

息子『嫌っす(笑)』

先生『じゃあ、こっちから電話するわ。』

息子『着信拒否します(笑)』

先生『じゃあ、家に電話してお母さんに聞くー。』

息子『家の電話、基本出ないんで・・・(笑)』

先生『じゃあ、自宅の前で待ってるかな』

息子『玄関開けないんで(笑)』

先生『じゃ、パパラッチになってやる。どちらに受かったんですか?予備校に行っていることは落ちたっていうことで良いんですか?ってマイクを向けるぞ(笑)』

 

会話はこんな感じです。

ちょっと、親としては冷や冷やしながら、隣で聞いていましたけどね。

 

今日は午前中に学校に行くという約束をしていて、でも、息子は11:20頃まで寝ている(笑)

お昼休みにずれ込んでも、○○先生の休憩時間が減るだけだから何も問題ない!って言うし(汗)

 

先生に対する態度としてはNGですけど、3年間で信頼関係を築けたからこその会話なんだろうな、とちょっと羨ましくもなりました。

生徒としては相談しやすい環境が整っていた学校だったんですよね。

卒業してからも息子は普通に高校に遊びに行くと言っているのがその証拠。

自宅が基本という高校生活で、学校に行かなければならないときは『めんどくせー』と言っていた息子ですけど、学校の存在意義は確かにあったということです。

自宅も居場所であって、学校も居場所であったんだなぁと、最後の最後に思えたところでした。

 

不登校の子供は、我慢して登校していた経験が必ずあります。

我慢して登校していた時は、本人は辛くとも出席日数という評価につながっていました。

全日制の高校であれば、出席日数が足りなければ進級できなくなるし、進学する際にも評価を下げる要素にもなるので、親も気にするんですよね。

これが、現在の教育システムでもあるので、それは仕方がないところと私も思っています。

 

でも、出席日数だけみれば学校に居場所があるように見えますけど、実際は苦痛で心の居場所からは程遠い。

反対に、息子の高校生活は家で過ごすことが多かったんですけど、いつでもフラッと行ける、そして、それを受け入れてくれる先生、友達がいる学校だった。

 

形だけの居場所ではなく、心の居場所でもあったのが卒業した学校なのでしょうね。

この高校で本当に良かったと思います。

 

かつては私も悔しさが勝り、良い高校、良い大学に入って見返してやる!

と、心の中で息巻いていたことがありましたけど、今となっては、かつての自分を微笑ましく眺められます(笑)。

 

この意味をあなたがどう捉えるかはわかりませんが、不登校だったからこそ、教育の原点というのを知ることができ、その大切さを私なりに定義できたとも思えているところなんですよ。

 








-想い

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

イチロー選手のストーリーから見る【不登校】との共通点

  昨日の息子は楽しそうでした♪ 友達を超えた家族のような友達のA君は、息子にとって、そしてA君にとっての宝物。 親友というのとも違うような2人の関係。いつ見ても羨ましいです♡   …

不登校の息子の主張と主人の主張の違い

  今日は主人と息子が、あるテレビを見ていて、主張のぶつけあいとなっていました。 決して口論ではないんですけどね。 でも、私はそばで聞いていて、息子は本当に学校が嫌いなんだとよ~くわかったよ …

数年後に大学受験を迎える不登校のお子さんをお持ちのあなたへ

  息子の試験が来週に迫り、いよいよラストスパートです。 カウンセリングのドクターに言われたことは、集中を切らして投げ出さないこと、でした。 そして、この勉強をもう一年続けるのがいいのか、投 …

中学入学も、高校も入学も、淡い期待を抱いていました

  小学校から中学校に上がるとき、中学校から高校に上がるとき、私は『環境が変われば、もしかしたら通えるかも・・』と、淡い期待を持っていました。 通えるとまでは行かなくとも、良い変化はあるだろ …

【不登校】の【脱・引きこもり】はまずは心の解放から

  不登校の子がやる気もなく引きこもってしまうのは親としては心配にもなるし、できることなら引っ張り出してあげたいと思うもの。 わかります、この気持ち。 今日はちょっと振り返りながら引きこもり …