【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

優しい言葉をかけていますか?あなたに・・・

投稿日:2016年11月2日


 

11月になると寒さが厳しくなってきて、これからが冬本番という感じになりますね。

半袖でも過ごせた10月が嘘のよう・・

これから寒くなるんだよなぁと思いながら、毎年冬を過ごし、春を迎えているんですよね。

年の数だけ冬を越してきたんです。

そう思うと、みんな強さがあるなぁと思えてきます。

自分ではどんなに弱いと思っていても、です。

 

困難のない人生は存在しないし、自分だけが辛いように思えても、それは与えられた困難が違うだけ。

みんな経験しているんですよね。

そして、今を生きているということは、これまでの困難を乗り越えてきたということ。

自分の思い通りにいかないから、自分を責めたり、やる気をなくしたり、落ち込んだりもしますけど、それは自分の視点で見ているから。

他の人から見たらすごいって思えることもたくさん、たくさんあると思うのです。

 

本当は十分すごいのに、真面目な人ほど完璧を求めて自分を追い詰めたり、自分を責めたり、頑張り過ぎてしまうんですよね。

不登校のお子さんをお持ちのお母さんは、特にその傾向があるかなぁって、思えることもしばしばです。

私もその一人(一応ね^^;)

 

頑張り過ぎないこと。
頑固にならないこと。

私は、自分の性格をわかっているからこそ、6~7年前から、この二つのことに陥らないように、意識してきました。

いい意味でテキトーも真面目な人には、超がつくくらい必要です。

一生懸命はいいんですよ。でも、いつも一生懸命ではいけないってことです。

なんとかなるさ、と思ったり、ちょっと気分転換!と問題から離れてみたり、一生懸命になるところとリラックスとのバランスですよね。

これができる人はしなやかで強いです。

一生懸命な人は弦が張り詰めているから、いつプツンと切れるかわからない。

これは、外から見ていると、よくわかりますよね?

そんなに頑張ったら壊れるよ・・・と。

 

でもね、頑固で頑張り屋さんは、なかなかリラックスの言葉は受け入れられない。
言われることで、ますます頑固に拍車がかかって、さらに頑張る!というループにハマりがち。

頑固と頑張りを貫き通せるくらいの心身を持っていれば、おそらく人に嫌われようとやっていけます。

でも、どこかで傷つく人がほとんど。

頑張り屋さんは自分に厳しいのですから、私はもうそれで十分だと思います。

もっともっと、自分に優しくする気持ちを出していい。

きっと、人には優しく手を差し伸べる方々なんですよね。でも、同じことが自分にはできないんです。

 

膝を抱えて、背中を震わせている方がいたらあなたはどうしますか?

声をかけますか?
無視して通り過ぎますか?
背中をさすってあげますか?









あなたの答えは出ましたか?

 

膝を抱えているのはあなただったら?

 

膝を抱えたあなたに、今出したあなたの言葉をかけてあげて下さい。

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

息子の奇妙な生活

  あっという間に11月です。 息子と主人の体調は、寝込むほどではないもののまだ復調しているとは言えず・・・。 今年はきっと体のメンテナンスの年。そう割り切って、心と身体の健康を学び倒します …

今日は生きていることに感謝し、どのように生きていくかを確認する日・・あの日を思う

  今日は震災の日。 もう6年になります。当時息子は小学校6年生でした。 思い返せばいろいろなことが蘇ってきます。 当時の息子の姿も声も覚えていますし、今は亡き母の姿もね。 母はがんが転移し …

今日は坐禅の講義があるから休めない?息子は行けるかな?

  一度発作を起こすと、息子の場合は落ち着くまでに一週間はかかります。 大学が近いのはいいのですが、場所がはちょっと小高いところにあり、行きは坂、キャンパス内も坂、そして、極めつけはエレベー …

不登校にこだわりすぎていると、やりたいことをできずに歳だけとります

  赤本の国語の評論文問題で、うん、そうだよねって思ったことがあったので、今日はそれについて書きますね。 それは、健康に関するものでした。 1950年代後半、日本での主要死因は結核でしたが、 …

見えないものを感じること。ご縁というつながりをどう感じるかも大切です

  私には不思議と友達や知人とは違う『ご縁』を感じる方がいます。 出会いの瞬間はあくまで他の人と一緒。 しばらく経ってから、そうですね、数年経ってから濃いご縁を感じるのです。   …