【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

心と身体に余裕を持つ生活を取り入れることを始めよう!

投稿日:2017年1月5日


 

我が家では、主人が今日から仕事です。

いよいよ、やっと?、いつもの生活に戻ります。

年末年始はちょっとだけ、お正月らしい食事にして、お餅も気持ちを味わう程度で・・・

歳のせいとは言いたくないですけど、だんだんとお餅も食べれなくなってきますね^^;

私が結婚する前、まだ実家にいたころは、きっちり、ならわしというか風習に沿ったお正月だったんですよ。

だから、お餅も数日間は食べていた記憶があります。
当時はまだ私も若かったので(20数年前は若かった笑)、食べれていたんですけど、今思うと、両親や祖母も同じに食べていたんですよね。

今の自分と比較すると『スゴイや・・』と思えます。

 

高校時代はマックやケンタッキー、ミスドなどが大好きで、『一生食べ続ける!』なんて思っていて(笑)、

一生じゃなくとも、もうすでに無理です(笑)。

食べたいとも思えなくなって、食べると後で後悔することも多いです。

 

こうした食べ方一つにとっても、身体や心はサインを送ってきているんですよね。

その声を聴き取れることができるのか?

これが、健康を左右することのひとつだと私は思っているのです。

 

新年にあたって、目標を立てた方もいらっしゃると思います。

私も年末に時間を取って向き合っていましたけど、健康に関しても、この囁き、感性を大切にしたい。

かと言って、ジャンクフードやお菓子類、インスタント食品、お酒、清涼飲料水を否定するわけではありませんよ。

震災の時はこれらの食品が助けてもくれましたからね。そのことを忘れてはいません。

食べたいときって、飲みたいときって誰でもあります。

そこで体に悪いからといって食べないのと、美味しいと思っていただくのでは、全く違います。

 

美味しく楽しく食べれれば、身体もきっと喜ぶんですよ。

反対に、食べたくないと思うときもあって、その時はその声に従った方が良いですよね。

 

人間の身体って本来は、そういった感覚に優れているのだと思います。

食の欧米化や飽食な時代に移行して、言葉は悪いけど私達の感覚はバカになってきているのかな、と。

 

私の祖母がよく言っていたのは、
『腹八分が健康の秘訣』

98歳まで生きた祖母の言葉です^^

 

気持ちに余裕を持つことが、物事に対して柔軟に対応を可能にします。

これと同じで、食事にも余裕を持つことが、今ではない将来への身体への負担を減らしてくれます。

余裕って大切ですよね?

時間に余裕がなければ、焦りからいろんなミスを引き起こしますし。

 

いろんな余裕をもって生活する。
特に健康に関して、近年は強く思うのです。

息子の言葉ではないですけど、健康であれば、何でもできますから。この重みを知らない人が多すぎのような気がしてね。

健康だから大丈夫と過度に身体に負担をかけるのは、今しか見ておらず、先を見ていない証拠。

未来から自分を観る視点は、目標設定には必要で、これは、健康にも当てはまります。

10年後、20年後、自分の在りたい未来はどんな姿でしょう?

今日からの積み重ねが未来のあなたを創っていますよ。

自分の身体に優しい習慣を取り入れて、心も身体も余裕を持っていきましょう!

コレ、自分に言い聞かせています^^

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「不公平感」の感情を乗り切るにはどうしたらいい??

  昨日の息子のゴルフの講義はゴルフ練習場での打ちっぱなしだったそうです。 午前中、ひたすら打つ(笑) 面白かったけど、やっぱり、ボウリングの方が好きだなと言っていました。 10年ぶりにやっ …

カフェで叔母と話をして思ったこと~私の30年後はどっちかな?(;’∀’)

  先日、book&cafeで本を読んでいた時、偶然叔母夫婦に会って思いがけず話をすることになりました。 叔母は今年で81歳になるのかな? 見た目はとても若く、60歳後半にも見えるくらい。ず …

今日は生きていることに感謝し、どのように生きていくかを確認する日・・あの日を思う

  今日は震災の日。 もう6年になります。当時息子は小学校6年生でした。 思い返せばいろいろなことが蘇ってきます。 当時の息子の姿も声も覚えていますし、今は亡き母の姿もね。 母はがんが転移し …

私たち夫婦関係の流れを振り返ります その①

  今日は主人と私の関係について書いてみます。 どうでしょう??? 子供の不登校に際して、夫婦関係が全く変化がないという方はいらっしゃるでしょうか? なかなかそんなできた家庭は少ないのではな …

不登校で幸せを感じたこと

  夏休みも8月に入り、結婚して他県に住んでる友人たちが、代わる代わる帰省をしています。 両親が健在でも70後半~80代ですからね。マメに帰省する友人が多いですよ^^   私の同年 …