【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

息子と私の間で起きている氣の循環

投稿日:2016年12月7日


 

12月だというのに、そして、それなりに忙しくしているのに、せわしい気持ちもなく、なんか不思議な感じ。

受験も近付いてきて、本来なら家庭でもピリピリ(たぶん他の家庭はそうだろう)するんだろうけど、我が家の3人は、心がのんびり。

何でなのでしょうね。

ブログ効果なのかな?って思うところもあります。
書くごとに整理がついていって、「そういうことだったのか〜」と思うこともしばしば。

できることなら、この気持ちの変化を言語化して、伝えたいって思うんですけど、難しいですね。

 

今も、

・このゆるさはどこから来ているんだろう?
・どのような経緯からそうなったんだろう?
・ブログを書いて整理できたからなのだろうか?
・嫌な環境を絶ったからなのか?
・私の変化ではなく、息子の変化が私に伝染したのだろうか?

こうやって自分に問いを投げかけながら、うまく言葉が出てこないかなぁって、書いているんですけどね。

ちなみに、
こういう時は、書き出すことが大事なので、deleteキーは使いません。

あとからまとめて編集します。

って、今iPhoneで打ってるから、フリックですけど。

今、考えられるのは、おそらく、私の変化ではなくて、息子の心が私に伝染しているのかな?ってこと。

一応受験生。
本人に焦りがあるのかどうかはわかりませんけど、「触るな!危険」でもないし、「ワレモノ注意!」でもありません。

むしろ、楽しい笑

家にいい空気感があるんですよ。

一緒に赤本解いたりして、息子の理解度や進捗度というものをそばで感じて、確かにまだまだ力不足、勉強不足とは感じるんですけど、それでも、心穏やかにいられるのはなぜなんでしょうね。

こうしてみると、心とは、やはり伝染するもの。

家で2人でいれば尚のこと伝染しやすい。

つまり、どちらかが幸せに近ければ、まぁるい空気で満ちるし、どちらが負に偏ると気は澱む。

自分の感覚を信じれば、お互い気の調整ができるということかな?

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

私が思う幸せな人生とは、あなたに会えてよかった・・と思ってもらえること

  ここ最近、オリンピックを観ていて思います。 選手は『金メダル』というゴール、目標に向かって、相当辛い練習を日々こなしてきたんだろうなって。 自分で決めた一つの目標に向かって、努力を重ねる …

今日は坐禅の講義があるから休めない?息子は行けるかな?

  一度発作を起こすと、息子の場合は落ち着くまでに一週間はかかります。 大学が近いのはいいのですが、場所がはちょっと小高いところにあり、行きは坂、キャンパス内も坂、そして、極めつけはエレベー …

10年後、在りたい自分であるための今の選択

  今日はこれから母の7回忌の法事を営む日でもあり、息子の夏休み最終日でもあります。   なので・・・ 明日はきっとホッとし過ごしているだろうという自らの予言(笑) 何年経っても命 …

不登校の息子が通信制高校に決めた経緯を振り返ります

  最近メールでいただくことが多いのは、時期的なこともあり、進学に間することがとても多いですね。 今日は、改めて息子の高校受験について書いてみたいと思います。 学校嫌いの息子が一番嫌いだった …

普通に通える子と不登校の子の掛け算がちょうどいいかも・・・

  なんかね、今日はつぶやきに近い投稿を。 物事を覚えること、 何かを習うこと、 勉強すること、 これらには、効果的に学べる順番というものがあります。 でも、その順番が全てではないこともある …