【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

自分がリラックスできる過ごし方を自分で知っていますか?

投稿日:2017年5月8日


 

GWも終わりましたね。

家族で出かけてリフレッシュされた方、家でのんびりされた方、いろいろいらっしゃると思います。

休日も、自分の心に素直になっていない動きってあるかもしれないですね。

昨日友人と話していて、心がリラックスする過ごし方というのはやはり自分の感じ方であって、いろいろなんだなと思いました。

友人は一日のスケジュールがきっちり決まって動くのが好きなタイプで、そのリズムを狂わされるのが苦痛だと言います。

だから、平日と休日の差で精神的バランスが崩れるそう。

平日はお弁当を作って家族を送り出し、そこから一人になって自分の時間を過ごす。

それが掃除であったり、買い物であったり、或いは自分の趣味だったり、毎日することはあれど、それが自分で決めていることだから忙しても苦痛は感じない。

これが休日になると、そうはいかなくなりますね。

まず、掃除はできないし、子供が朝寝すれば食事の時間も狂うし、まぁ、家族にリズムを狂わされるのが普通といえば普通。ところが、これが彼女にとってはこれがものすごく苦痛の種。だから、休み明けはほぼ毎回精神的に参っているようです。

 

私のGWは、主人や家族の送迎以外ほとんど家で過ごしていました。

出かけようという気も起きず、心のままに・・です(笑)

私はスケジュールが決められるのが苦痛。自分で好きに動きたいタイプ。

自分で責任を持てて自分で管理する忙しさは大好きなんですけどね。

これは主人も息子も同じかな?

家族とは家でのコミュニケーションだけで十分で、揃って出かけようという感覚が我が家にはありません。帰省がなければ、ホント家族で行動することはないかもしれないですね。

だから、この日に帰省するぞー!が私にとってはものすごく負担です。予定が入ってしまうだけで心が束縛されてしまいます。

決して、帰省が嫌なわけではなく、

私的には「今日天気いいね、ドライブがてら行ってみる?」な感覚が合うんですね^^

 

なんとなくわかります?

 

この方が道中、景色や食事も楽しめて好き。

スケジュールを決めてしまうと私の中ではそれが「義務」に変わります。

義務になるとそれが「仕事」になります。よって、早く終わらせようスイッチが入ってしまうようです。

 

そっかー、今までは義務化の帰省だったんですね。だから嫌だったんだ・・・。

 

当たり前のように自分に課してきたけど、今になってなるほど~って思います。

これも自分と向き合って、自分がどんな状態がリラックスできるのかを見つめてハッキリさせたからわかったんですよね。

自分の好きな動き方発見したのは、ここ1年くらいのことじゃないかな。

今年の夏に訪れる帰省はちょっと工夫を凝らして、「義務」ではなく「遊び」を感じられるようにしてみたいと今思いましたよ^^

結婚して20年を過ぎているのに今頃気付くかーって話なんですけど(笑)、今まで気付けなかったのだから仕方がない。

気付いた時から始めます^^

 

どうしようもないつぶやきにお付き合い下さりありがとうございます(^_-)-☆

 

皆さん、今日からまた再スタートな感じでしょうか?

良いスタートを切っていきましょうね♪

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

子供が可愛いか、孫が可愛いか~おばあちゃんになったらの妄想

  昨日、友達と孫の話になりました(笑) 私の年齢でおばあちゃんになってる人もいるとは思いますけど、私の親しくしている友人の中で孫がいる人はまだいませんね。   「孫は勿論可愛いと …

不登校の子供には、親以外の話せる大人がいるといいですね

  昨日は急遽旦那さんも会社を休むといい、3人で過ごした一日。 口に出さずとも、旦那さんも相当神経を使っていたんでしょうね。   特に何するわけでもなく、いつもの一日。 息子も慣れ …

いい夫婦の日&いい家族の日

  11月22日は、いい夫婦の日^^ これは私も知っていました。 では、11月23日は何の日か知っていますか? 勤労感謝の日。はい、正解です^^ それともう一つあるみたいですよ。 それが、い …

母親にも必要な「好奇心」

  息子は昨日徹夜のようです。。。 私がブログを書いているこの時間も、まだ友達とオンラインゲーム中。   大学では後期の講義が始まって、新たに健康科学というものがあるのだそう。 こ …

ルールがあっても心を自由に保ちたい!

  私達はいろいろな社会のルールに縛られて生きています。 学校もあり、会社もあり、人との付き合いもあり。 縛られながらも、心が自由で、楽しめる人もいますし、楽しめる子供もいますよね。 私もそ …