【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

【笑顔の力】泣きたい時、ピンチの時ほど笑ってみて♪

投稿日:2017年8月25日



こちらでブログを再開しております。 
どうぞよろしくお願い致します。

【続・大丈夫!不登校ブログ】
https://futoukou2.com/

 

昨日ある本でこんな文章を目にしました。

人が1日に笑う時間は平均23秒

えっ!そんなに少ないの?
現代はそんなに笑うことがない時代?
ストレス社会ということ?

あなたは毎日笑えているでしょうか?

笑いが免疫力を高めるという話は聞いたことがありますよね?

笑うことでガン細胞を攻撃してくれるナチュラルキラー細胞が活性化する、ということは科学的にも証明されています。

つまり、笑うことは身体に良いということ。
とってもシンプル(笑)

 

先日終わった高校野球でも積極的に笑顔を作ってるチームが多かったように私は感じました。

笑顔の高校生が爽やかで「あ、この笑顔忘れていたな・・」と私は気付かされましたよ。

ピンチの時、後がない時、そんな時こそ本当は笑顔です(*´▽`*)

笑うと身体も緩みますし、その笑顔を見た周りの人も緩むんですよね。

身体が緩むと、視野が広がって見えなかったものも見えてくる時があります。剛速球は勿論すごいけど、どちらというとゆる~い変化球の方がタイミングが難しかったりしますしね。

緩む力って本当にすごくて、これは意識して身につける技術と私は思っています。そしてその緩む力を引き出してくれるのが「笑顔」ということ。

だから、本当は泣きたい状況の時ほど笑ってみる!
ピンチの時、後がない時ほど笑ってみる!

コレなんだと思います!

 

とは言っても、笑える状況がないというのが私たちの置かれている環境です。

気持ちが落ちてる時は人にも会いたくないし、何もする気も起きなくて、できることと言えばより落ち込むことくらい。

1日笑わない日があるなんて普通のことで、私は鏡で見た自分の顔に、ビックリでショックを受けることもしばしばでしたよ(笑)

これは、今でもあります。

これじゃ、福の神どころか貧乏神に好かれるなぁと本気で思えます(笑)

 

あなたはどうでしょう???

鏡で見た自分の顔を好きでしょうか?

 

毎日自分の顔を鏡でチェックしてみてくださいね。そして、自分に微笑んでみて下さい。

洗面所に行くたびに微笑んでいれば、少なくとも平均的な23秒には届くはず。

無理に作った笑顔でもナチュラルキラー細胞は活性化するという研究結果もあるようなので、楽しくなくても形だけでも「笑顔を作る」ことが大事!

自分の姿は鏡でしか見ることはできません。
確認を怠っていると、恐ろしい形相で人に対しているかも(-“-;A …アセアセ

人が鏡となって自己が投影されることもありますが、自分で見る鏡の姿が一番わかりやすいですね。

今日の鏡の中のあなたはどんな表情しているでしょう?

ちょっとドキッとしたら、鏡の自分に優しい笑みを返してあげて下さいね。

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

不登校を経て大学生活を送る息子を見て思うこと

こちらでブログを再開しております。  どうぞよろしくお願い致します。 ↓ 【続・大丈夫!不登校ブログ】 https://futoukou2.com/   息子が大学に入学してからほぼ1ヶ月。 …

伯母との食事から~母と伯母の関係

こちらでブログを再開しております。  どうぞよろしくお願い致します。 ↓ 【続・大丈夫!不登校ブログ】 https://futoukou2.com/   昨日は久しぶりに伯母と食事でした。 …

10年後、在りたい自分であるための今の選択

こちらでブログを再開しております。  どうぞよろしくお願い致します。 ↓ 【続・大丈夫!不登校ブログ】 https://futoukou2.com/   今日はこれから母の7回忌の法事を営む …

不登校<魅力的な人であれ!

こちらでブログを再開しております。  どうぞよろしくお願い致します。 ↓ 【続・大丈夫!不登校ブログ】 https://futoukou2.com/   あなたの目の前に男性がいます。 1人 …

見えないものを感じること。ご縁というつながりをどう感じるかも大切です

こちらでブログを再開しております。  どうぞよろしくお願い致します。 ↓ 【続・大丈夫!不登校ブログ】 https://futoukou2.com/   私には不思議と友達や知人とは違う『ご …