【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

考え方

藤井四段の高校進学について、我が家3人の考えはバラバラです♪

投稿日:2017年7月13日


 

昨日、主人と息子が藤井聡太四段の高校進学の話をしていました。

私は2人から聞いて初めて内容を知ったのですが、ちょっと話題になっていたんですね。

藤井君は現在中学3年生。お子さんが同じ年頃ということで、ウォッチしている方もいらっしゃることと思います。

藤井君は、名古屋大学附属中学校で、普通に行けば附属高校に進学する流れ。

 

藤井君は将棋に専念したい!お母さまは進学させたい!

こんな感じですよね?

 

我が家での議論は意外な展開?(笑)でしたよ。

 

主人は「将棋に専念すればいい」

息子は「通信制に行けばいい」

 

です。

 

藤井君はもうプロとしてやっていて不登校とは違いますけど、高校に行かなければ中卒なってしまいます。

私は主人の答えが思いのほか意外でね、変わったなぁと思いました。

でも、主人の考え方をここまで変えたのは息子なわけで(笑)、それもやはり学びなんですよね。息子の不登校の渦中には出てなかった答えだと思います。

普通に高校に行って、行きたければ大学に行って、そして、普通に就職する。

これが私たちの思い描いていた進路でした。

 

でも、息子には学校が窮屈な場で、勉強以前の問題で環境に適応できなかったのです。

主人はここがなかなか理解できずにいて、主人も主人なりに悩んだろうし、息子は息子で分かってもらえないもどかしさ、苦しさを味わっていたと思います。

うん、懐かしいですね^^

もしかしたら息子は適応障害があるのかもしれませんが、今となってはそれでもいいし、私は一切気にしてません。できることを探して、なければ創ってやればいいだけなので。

ですから、息子の「学校NO!」は私達親子にとっては、考え方の転換を促してくれるものだったんですね。

もし息子が復学していたら、私はまた、高校→大学→就職という考えに戻っていたと思います。

 

主人も今はどの子にもその子の個性があり、強みもあれば、苦手なこともある、という考えにシフトしてきているのでしょう。

藤井君のことに関しても、附属高校ともなれば勉強が大変。勉強よりも強みの将棋に専念させたい、という考えなんだと思います。

 

息子の通信制は私にとってはわかりやすい(笑)

息子の考えは、通信制であれば学校に行くこともないし、自分のペースで勉強できる。つまり将棋をメインに据えて、空いた時間で勉強というスケジュールが組めると思っているのでしょう。レポートも普通に出していれば単位は取れるので、そんなに負担ではないし、通信制で高校卒業資格を取っておいて、大人になって、もし行きたかったら大学に入ればいい!

きっと、こんな考えかなと。

 

最後に私はどう思うかを書いておきますけど、

昔の私なら、高校に行きながら将棋もと願い、藤井君のお母さまと同じ考えだったと思います。そして、今の私ならですけど、まずは子供の意見を尊重することが大前提。なので、将棋に専念することをサポートするでしょうね。

ただ、高校に行かないで将棋に専念する場合のメリット、デメリット、高校に行きながら将棋をするメリット、デメリット、これを一旦きちんと考えさせるかな。

行かない選択をするのはいいけれども、そのことが引き起こす最悪の事態にはどんなものがあるか、それを洗い出して、それに対応してから決断をサポートします。

参考意見もいろいろ聞いて、自分の思いだけで判断しない努力をして、子供にとって最善の道を歩ませたいですね♡

 

藤井君の進学問題については、人の数だけいろんな考えがあるように思えます。そして、どれも正解だとも思います。

あなたの考えはどうでしょうか?ちょっと考えてみると面白いかもしれません(^^♪

 








-考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

不登校がもたらす膨大な時間をどう使う?

  昨日は親子でちょっと体調を崩し気味でした。 休むほどではありませんが、いろんな疲れが出る頃ですもんね。 あなたも気を付けてくださいね^^ 私も少し頭痛が残っていたので、ゆっくりおとなしく …

子供の【不登校】を受け入れたいのに、受け入れられない・・親もしんどいです

  息子のコミュニケーション能力は実際のところどうなんだろう? これは時折私が考える問題です。 広く浅くというより、狭く深く、長い付き合いができていくタイプというのはわかってはいるのですが、 …

学校だけで人の価値が決まるわけじゃない。 大切なのは、人生を通して創っていく人としての在り方

  息子は1歳から喘息と診断され、18歳の現在まで通院治療を続けています。 1~2年に一回、呼吸器系の検査をするんですけど、その検査を受けてきました。 結果はグラフ表示され、そこには標準とさ …

不登校息子の大学受験・・・新たな展開か?

  昨日は息子のカウンセリング日でした。 息子1人で受診し、私は終了後に迎えに行ったのですが、息子が「このまま学校に行ってくれ~」と言うので、学校へ。 何のためかと言うと、調書の発行手続きの …

不登校という名の振り子の法則

  先日の深夜、旦那さんと二人でお酒を飲みながらテレビを観ていました。 その番組は、東進ハイスクールの林先生が出演しているものだったのですが、テレビを観ながら、相変わらず、私の頭って硬いなあ …