【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

考え方

感情の波に襲われたときに、心の揺れを静める方法

投稿日:2017年3月12日


 

今朝はちょっとした揺れを感じる地震がありましたね。

歩いていたり、動いていたりするとわからないくらいの地震です。

こうした地震の揺れも、私たちが悩まされる心の揺れも、対応は同じかも・・とふと思いました。

 

どんな小さな揺れも自分が横になっているときや静かに座っているときは感じやすく、特に、まだ暗く布団の中で横になっているときは、揺れの余韻まで感じることもできます。

大きな波が段々と穏やかに静まっていく感じですね。

 

一方で、自分がアクティブに動いている時は、震度3、4くらいまでは気付かずにいることも多いです。鈍感な私だからかもしれませんけど(笑)

友人から「地震大丈夫?」のLINEで気付くこともあったりするんですよ。

 

これを心に置き換えてみたらどうだろう?

考えてみたら心も同じだなって思いました。

 

難しいかもしれないけど、自分の心が「無」に近いときは、心は小さな波さえもキャッチできます。

瞑想をイメージしてもらうとわかりやすいかもしれませんね。

心が穏やかに静まっている状態の時は自分自身も深い意識に入れます。

 

自分も気付かない本音というのは、こうした時に訪れる小さな囁きなのかも。

心が落ち着いているから、耳が痛い囁きも聴けるのかもしれません。

 

 

一方、自分の心があっちこっちと動き回っているときはどうでしょう?

あれもしなきゃ、これもしなきゃと心が忙しいときは自分の心の声は全く聴こえませんよね?

あとから何で気が付かなかったんだろうと唖然とする経験は誰でもあると思います。

波が激しければ激しいほどその傾向は強くなり、それがいわゆるパニック状態。

 

でも、それに反応するのが人間でもあり人間らしくもあるところで、心をコントロールすることに慣れていないと、パニックに陥る可能性も高いということなんですよね。

 

わかってはいるんだけどね。なかなかできないよね。

 

私は元々がじっとしているより、動いている方を好むタイプです。

だから、瞑想などという何十分も座り続けるという作業は実は苦手。

座っているうちに、アレをしなきゃいけないと思ったり、一人でやっているときなどは席を立ってしまうことも多く、とてもできたもんじゃない。

 

でも、合氣道をやったときに呼吸法という稽古がありました。

それは、30分くらい師範が打つ拍子木の音に合わせて、吸ったり吐いたりを繰り返す稽古なんですけど、稽古なのでやるしかありません。

 

この時にですね、初めて心の清々しさというのを感じたんですね。

この清々しさはやったものしかわからないものかもしれませんけど、落ち着いた状態がとても気持ち良いのです。

この呼吸法は誰でもできるもので、難しいことは一切ありません。

床でも椅子でもいいから座って吐いて吸ってを意識してやるだけです。そのうちに心が静まってくるのがわかりますので、あとは自然に任せて呼吸を続けていけばいい。

 

これが、私が心をコントーロールに使う一つの技術であり方法です。

 

私も合氣道からちょっと遠のいてしまったけど、一度学んだことはこうして引き出せるんですね。

人間の脳って本当にありがたい!素晴らしい!

 

【参考図書】

氣の呼吸法―全身に酸素を送り治癒力を高める (幻冬舎文庫)

 








-考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

息子が不登校で良かった・・・と思うこともあります

  本日からガイダンスに行く息子は、すでに起きています。 今はゲームをしていますが、起きてからはずっと部屋の片づけをしていたそうです。 昨夜は花粉症がひどくてアレルギー薬を飲んだところ、見事 …

息子と同じ体験をすることで生まれる理解があります

  先日、ある本が欲しくて本屋さんに行きました。 検索機で検索をかけて、陳列場所を表示するシートをピーッと出して、そして、探しに行きます。 書棚を見ながら『あったー^^』と見つける瞬間。 こ …

不登校の子供の親の学校への執着を解放するために、自分でできること

  昨年の今頃は・・・ 息子と、そして家族とで、こんな会話になることがあります。 思い返せば、昨年のこの時期はまだ進路も決まらずにいたんですよね。   今年は無事大学一年を終了し、 …

子供は思う通りには育たないもの。その中でどのように自分が人生と仲良くしていけるか

  人間生きていれば、楽しいことも、嬉しいことも、辛いことも、悲しいこともあります。 楽しいことが多いと感じる人もいれば、辛いことが多いと感じる人もいて、それは、やっぱりその人の受け止め方次 …

不登校のあるあるなお話~昨日の息子の講義より

  昨日はですね、講義を受けてきた息子から私が講義を受けました。   まぁ、内容は専門的だし、用語も聞きなれなし、私には不向きで難しいなと感じましたね。 例として、不登校のケースで …