【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

先日のある会社の電話応対にイラッ!ムカッ!カチン!

投稿日:2017年7月24日


 

今日は先日、ちょっとイラッとした話を!

学校とは無関係ですよ(^^♪

 

私はポケットWIFIを使っているのですが、4年経過し、バッテリーにへたりが見えてきたので、5年目に入るところで機種変更のお願いをしました。

ちょっと、事情があって現在息子の携帯が使用不可。息子とはiPadのLINEを利用して連絡をしのいでいる状況です。このような事情があり、ポケットWIFIは息子に貸し出していたんですね。

今後、ギガ数を気にすることなく使いたい♪というので、今回、データ無制限のプランに変更すべくお願いをし、手続きを済ませました。

 

・・・と、私は滞りなく変更ができたと思っていました。

 

データ無制限にしたから、そりゃー息子は使いまくるわけで(^^;

で、7月の2週目くらいかな?

「データ制限ひっかかったんだけどーーー( ̄▽ ̄)」と息子。

そこで、問い合わせ(言いがかり?)の電話を入れたのです。

 

でね、この電話対応が、全然なってなくて、カチン!カチン!の連続なんですわΣ( ̄□ ̄|||)

新人さんかアルバイトかはわからないけれど、しどろもどろだし、マニュアル通りと思われる受け答え。

ミスの謝罪もなく、こちらが申し込んでいないような話しぶりでね。

今月から契約してもデータの速度は復活しません。
じゃ、今月は我慢するので来月からよろしくお願いしますm(__)mと譲歩したら、来月にもう一度お電話くださるようにお願いします、と来た!!!

「は?」「何言ってんの、あんた💢」

(とは言えないのが私なんですけど/o\)

 

どんな管理体制でオペレーターに指導しているかはわからないけど、もっと、こういう時は、アルバイトなら社員の方に変わるとか、状況に応じた対応をしないとダメでしょ!

アルバイトの方は言われたことをやるのが仕事・・・という認識なんでしょうかね?

お客側からしたら、あなたは立派に会社側の人間で、会社の名前を背負っている。あなたの電話応対如何で、会社のイメージが良いものに変わるか、悪い方に傾くのか決まってしまうということがわかっていないですよね。

 

これを不登校にこじつけるのは強引かもしれませんけど(笑)、

この電話対応をした方は、きっと、真面目に人の言うことを聞く生活面では優等生なんだろうなぁ、と想像をめぐらしたのです・・・。素直そうな良い子の感じの子ではありました。

実際はどうなんだろう???

会社が求めるのは、言われたことをする人材なのかもしれないけど、それだけでは足りないよね。

 

少なくとも融通のきかない態度で、私という一人の顧客の信用を数分の電話で失ったのは事実だから。

 

と、口では強いことを言えなかった私ですが、企業の今後のために、メールで思うところを伝えさせていただきました。改善を願ってね(*´▽`*)←口で言えなかったら、文章で書く(笑)

 

ひと夏の愚痴にお付き合いいただき、ありがとうございました(;´∀`)

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【不登校】のママにとって、夏休みは楽?キツイ?

  無事大学での試験が終わった息子ですが、大学に行くのが昨日で終わりなだけで、ネット提出のレポートが2つほどあるそうです。 まだ夏休み気分とはいかないようですね。 本人が選んだ大学だけど、レ …

不登校はいろんな意味で大学選びが大変ですね~昨日得た新たな学び

  昨日はまた学んだ一日・・・。 息子は特にこの傾向が強いのかもしれませんが、嫌いと思ったら徹底的にダメですね。 学校もそうで、不登校を貫き自分のやり方を通してきました。 昨日は昨日で望まな …

不登校の子供に「頑張って学校行け!」は禁句?

  【頑張って学校に行く】 あなたはこの言葉を聞いてどう感じますか? そもそも、学校って頑張って行くもの? 今更ながらそんなことを考えます。 私は習慣で学校に行っていて、頑張って行った記憶は …

不登校~一緒に損をしませんか?

  我が家ではダスキンを利用していて、4週間に一度、交換に来てくれます。 その時にチラシを数枚置いていくのですが、今日のチラシは私の目を引きました。 『一緒に損をしませんか?』と書かれてあっ …

息子が久しぶりの喘息発作でした・・・

  息子は元々が喘息の持病持ち。風邪を引くと弱いところを突かれますね。ちょっと咳発作気味で昨日は病院に行っておりました。 夜には38度まで熱が上がったし、密かに「肺炎かなぁ」と用心しつつ、幼 …