【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

息子は昼夜逆転の【プロ】?本当は、正すのではなく、活かすべき資質

投稿日:2017年7月23日


 

暑いですね・・・(^^;

昔は暑いのが苦手だったんですけど、最近は気持ちが良いかなぁと感じるようになってきました。

これも年齢的な体調の変化なのかな?

汗はかくけど、暑い方が体調は良いということに最近気付きましたよ(笑)

エアコンの気持ち良さは一瞬で、今の私の身体の傾向だと、冷房が効いているところに長時間いるのは体調を崩す元ですね。

なんか、そんな風に自分の身体の変化を感じています。

ということで、今は大好きなカフェ☕はお休み。専ら自宅にひきこもりです(笑)

オマケに、夜は暑くて寝れないので、日中こまめに寝てたり・・

うん?これが昼夜逆転???

でも、一応布団に入っているし、眠れないだけだから、ちょっと違いますよね(^^;

 

私の中では、夜遊びをすることで、家族に煙たがれてもいたので「夜に遊ぶのは悪いこと」というインプットがあります。仕事をするようになってからは、夜寝ないと昼間の活動に影響が出る、という意識が強く強くインプットされるようになりました。

つまり、【夜更かしは悪】という思考習慣が自然とできてしまっているのです。

今でも、夜更かしするときは「あとで響くだろうな・・」と覚悟をしてやっているので、基本は「自分にとってマイナス」という考えがあるんですね。

 

そこに、息子の夜の方が集中できる!敢えて夜を好む異次元、別世界の生活が入ってきました。

 

夜を楽しんでいた点では若い頃の私と同じ。

でも、私は内面では、家族の目を気にしたり、「悪いこと」をしている意識があり、息子は、家族や周りに何を言われても一切気にせず、好んで夜を選び、生活を楽しんでいる点が全く違います。

我が道を行けるのが息子のすごいところでもあり、私にはない部分なんですよね。

 

息子は深夜に、ゲームをしていることもあれば、Youtube観ていることもあり、勉強をしていることもあります。息子にとっては、深夜は集中できる時間で大好きな時間。翌朝早い時は、早めに就寝したりしますし、夜更かししていたといても自分で起きるので、今は問題ないかなと思います。

 

最初は日中、学校のことを考えなくて済むように、夜中に起きて、昼は寝ているのだと思っていましたけど、本当は夜が好きなんですね♡

生活習慣の部分だから、正そうとする目で見てしまう。それが子供の「好き」に気付けなかった原因でもあります。

同じ日本人で、しかも、家族だから、似た習慣を持つものと一方的に思うのが実は甘いということ(笑)

日本の習慣で行儀が悪いとされることが、隣の韓国では好ましい習慣だったりするのと同じで、ちょっとグローバルな視点で息子を見れば、それもあり!

自分の基準で見なければ、普通にあり!の習慣もあるんですね。

 

変えるのは息子の習慣ではなく、私の持っていた習慣に対する意識の方です(^^;

我慢を重ねて、人に合わせてきた私の人生と自分の好きに生きる息子の人生、どちらが生きやすい人生かは、明らかでしょう!!!

 

すっごく単純なことなんだけど、長年の思考も生活も習慣化されているものは抵抗があって変えづらいのよね・・・

 

もっと自分らしく生きていいんだよ♡
主婦だからって、家族のために自分を犠牲にすることもないんだよ♡

 

どこかからそんな声が聴こえてきます(笑)

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

不登校の子供の職業まで考えたことがありますか?

  高校生でもアルバイトをしている子もいるし、大学生になればそれはもう普通のことですよね。 何でこんなことを言うのかというと、 息子はアルバイトをするだろうか? できるのだろうか? と思って …

不登校の息子の大学受験は、こんな感じでした。

  無事?に息子の私立の入試が終了しました。 この4日間いろいろありすぎて、今日は何をテーマにしようかと。 簡単にこの4日間をおさらいすると、   第1日目・・・息子、得意の数学で …

運命という道にどう向き合っていくか?

  只今、断捨離中^^ 言霊ですね^^ 一昨日、次は断捨離だな~と一言書いたら、本当に断捨離する羽目になりました。   きっかけは、息子が本棚のスライドを外してくれたこと。 20年 …

息子の小学校時代に見つけた【特異性】

  子供が不登校だと、もしかして発達障害かも・・・と思う方もいらっしゃいますよね? 今日はちょっと思い出したことがあったので、息子の特異性について書いておきます。 先日会ったN先生は、 「私 …

不登校の息子が古事記のものがたりを知っていた。それはなぜか?

  何でそんなこと知ってるの? これは、時々息子に対し思うことです。   友達に「これ貸してあげる。読んでみて?」と、半ば強引に貸し出された本を今読んでいます。 その本は、『古事記 …