【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

想い

主人が理解し始めた息子の頑張るチカラ

投稿日:2016年10月28日


 

最近は主人の息子に対する目が優しいです。

息子は気持ち悪がりますが、私にとっては、とても嬉しいこと。

主人なりに、ずっと心を悩ませ、考え、息子のことを思っていたのでしょうね。

 

我が子は似たところもあり、全く似ていないところもあり、なかなか理解できないところもあります。

 

主人にとって不登校は、理解が難しいもの、途方に暮れるくらいにわからないもの、暗闇の中で手探りさえもできない感覚だったと思いますよ。

 

一緒にいる私も本当に長いこと、さまよっていましたからね・・・

 

でもね、ちょっと扉が開けると、次から次とわかる感覚になるのも不思議。

主人の口から意外な言葉が出てくることも多くなり、私はそのように思うんですよね。

この気持ちは私がどんなに話しても伝わるものではなく、本人が気付かない限り、本人が感じない限りは、近づけないものだと思います。

そのタイミングがいつ訪れるかは、相手の心を知る努力によっても変わってきますよね。

 

主人の言った言葉は『俺は怒られようがビンタされようが通えたし、昔はみんなそうだった。でもな・・・行かないんじゃなく、行けないんだよな・・・』でした。

登校にブレーキがかかる息子の心を理解し始めたのかな、と思える言葉でしたね。

 

登校できる主人がそこで登校しなくなるのは、怠けであり、甘えになります。

私もそうです。登校できる私が何か理由をつけて学校に行かないのは、さぼりです。

 

自分と比較したり、人と比較したりするから、できるはず!なんて励ましたりもするのですが、50メートルを7秒で走る人が9秒で走るのは楽なことであるのに対し、50メートルを全速力で走って9秒の人はそれがマックスなんですよね。

 

『頑張るチカラ』を使っているのは断然後者なわけで・・・

 

いろんなことに能力の差があるのは自然なことで、会社でも同じことがいえますよね。

同じ仕事を任されて、簡単にできる人もいれば、できない人もいて、できない人はそれなりに時間もかかってしまいます。

でも、それでも全力でやることが大事。

できる人は余力を残してあっという間に終わる。

でも、その余力を手を抜くことに使ったり、さぼることに使ったりしたらどうでしょう?

 

仕事の成果は同じだとして、どちらが頑張ったと評価できるでしょうね?

ま、極端な例ですけどね、

 

人としてどちらを評価したいかといったら、私は『頑張るチカラ』を発揮する前者を評価したい。

できる人は、その余力を自分のマックスに向けて使って、初めて同じチカラを使ったことになると私は思います。

平等なようで平等ではないということですね。

 

話を主人に戻せば、今までは、自分のできる基準との比較で息子を見て来たけれど、息子にしてみれば、それがもうマックスの頑張りだとわかったということかな?

私はそう感じているんですよ。

 

『頑張るチカラ』というのは、自分に対して使うもので他人に求めるものではないですからね。

その人が頑張っていたら、『その頑張りすごいよな・・・』というもの。

 

これは、私の推測でしかないんですけど、主人から今そんな感じを受けているのです。

 

息子も頑張っている!
主人も頑張っている!
そして、私も頑張っている!

それぞれの基準でね^^

そういうことですね^^

 








-想い

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

母親ってすごいなあ・・・と感動します

  最近特に思うことがあります。 それは、母親って本当にすごいなあということ。 どんどん高い視点を持つようになって、尚且つ、子供の不登校での自分の在り方を確立させていっている方が多いですよね …

不登校の子供の未来は暗くイメージしがち。でも、誰が決めたのですか?

  時々息子を見て、これが我が子なんだよなぁと不思議になる時があります。 似ているところもあるし、でも、異性だし。 そうそう、我が家はひとり息子なんですが、息子とよく姉がいたら?弟がいたら? …

不登校を乗り越えるのに、親が変わる必要があると言われても・・・

  不登校問題は親が変わることが必要である。   これはよく聞く言葉ですよね? でも、実際のところどうなのでしょう? 確かに、そういうところもあるとは思います。 でも、不登校初期に …

息子と私は「行くもんか!」不登校♪

  昨日は大学後カウンセリングに行ってきました。 最近はカウンセリングというより、雑談に近い感じになっていて、いろいろ面白ネタを持ち帰って来てくれます(笑) たまに内科医らしい話が出ると「あ …

子供の目が輝く瞬間に!

  この時期は、学校によっては修学旅行があったり、運動会があったり、はたまた秋休みを利用して旅行をしたり、いろんな行事があるようですね。 何かと忙しい時期とも言えるでしょう。 先日、修学旅行 …