【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

想い

【不登校】の息子も私は大好きで応援していた♪

投稿日:2017年9月30日


 

最初にちょっとだけお知らせをしておきます。

実は、私が愛用しているパソコンに寿命が来ておりまして、昨日から電源が入らない、使えない状態になってしまいました。

この投稿は息子のパソコンを借りてしています。

メールの返信は新しいパソコンにデータを移行してからでないとできない状況なので、メールを下さっている方で、返信がまだないよ〜♪という方は、数日お時間をください。

本日これから注文済みのパソコンを受け取りに行って、諸々の引っ越し作業を行います。それが終了次第、返信させていただきます。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

こういうパソコン作業苦手なんですよね。スムーズに行くことを自分で願っています、ホント。

もう一つデスクトップのパソコンがあるんですけど、これはリビングに置いてあるし、落ち着いて使えないんですよね〜。

パソコンも消耗品なので、仕方ないです。

新しいのに慣れて、またコツコツやっていきますね^^

 

さて、今日の本題に入ります。

そんなこんなで昨日はパソコンが使えなかったので、iPhoneで講座の動画を観たり、あとは本を2冊読んでいたりしました。

その本の中に参考になったことがあったので、それをお伝えしますね。

 

まずは、あなたに質問をします。

あなたは誰かに応援されていると感じていますか?

もし、今は応援されていないと感じていたら、応援されている状況を想像してみてくださいね。

 

いかがでしょうか?

どんな気持ちになりましたか?

 

「私を応援してくれている人がいる」と思える気持ちは、心を軽くしてくれます。救われた気持ちにもさせられます。

私はそのような気持ちになりますが、あなたはどうでしょうか?

その心の余裕はとても大きい。あなたをずっと魅力的に見せるもの、と私は思っていますよ。

話しかけやすい柔らかな雰囲気を出しているかもしれませんし、あなたの周りには人が集まり始めているかもしれませんよね。

応援されたら、今度は応援したい!と思えるようにもなるし、そこからは良いスパイラルが生まれる可能性も高いです。

心からの応援ってそういうものだと思います。

厳しさであっても、相手を思う気持ちにブレがなければ、それは相手に必ず伝わります。

 

誰でも応援されるのは嬉しいはずなんですよね。

私達は子供を応援しているのに、それが子供に伝わっていないことも多いんじゃないかなあと思う時があります。

あなたの応援の姿勢がお子さんに伝わるように、応援し続けて欲しいです。

 

学校には行かない、勉強もしない、ゲームばかり、昼夜逆転、好き勝手の生活・・・

 

注意をすれば反発され、イラっとくることもあるでしょうけど、ずっとそのままでは困るでしょ?

「この状況は、人生の今の時期だけ。将来までは続かない」

お子さんの将来を信じ、応援する気持ちを出し続けてあげてください。

子供がいくつになっても、母親は子供の永遠の応援者でいられる存在ですからね。今がどんな状態であっても、変わっている未来を信じて欲しい。

 

自分が応援されていると子供が感じることができれば、子供の心にも変化が現れてくるはずです。

あなたが、自分が応援されている!と感じる感覚をお子さんも持つようになると思いますよ。

親が変わる必要があるというのは、こういうところからではないでしょうか?

 

子供の毎日の生活に不満を醸し出す母親から、どんなあなたでも信じてる!どんなあなたでも応援しているよ!という母親に変化する。

これがポイントですね。

親が変わる必要があるというのは、きっとこういうこと。

これは演じても伝わらないから、とてもわかりやすい(笑)

あなたが心からそう思えた時、お子さんの心の扉も開きます♪

私の場合もきっとそうだったのだと思っています。

 

現在の息子は、とても頼もしくなってきて、自立への道を歩き始めているけど、不登校の息子も私は大好きでした♡

私の気持ちが不満から応援に変わってからは、2人で過ごす時間が楽しかったし、できることで自立の道を探すのも楽しかった。

これは、本当のことです。

 

楽しむ心は、あなたの心から始まります。

厳しい道のりかもしれませんが、私はあなたの躓きも涙も挫折も愚痴も、全てをひっくるめて応援しています。

こればかりはね、気持ちがわかる私の特権です。

どんなあなたも私は応援します!!

 








-想い

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

不登校を乗り越えるのに、親が変わる必要があると言われても・・・

  不登校問題は親が変わることが必要である。   これはよく聞く言葉ですよね? でも、実際のところどうなのでしょう? 確かに、そういうところもあるとは思います。 でも、不登校初期に …

あなたは私の文章からどのような人だとイメージしていますか?

  昨日はいつもそばにいる息子の記事を画面を通して読んで、私自身が変な感覚に陥っていましたね。 文章とその人のイメージって?な感じ^^ 私が他の方の文章を読むときは、文章から伝わるイメージと …

我の強かった私が少しずつ変化できたのは、不登校の息子のおかげ

  子供の不登校に直面すると、 私のしつけが悪かったのか? 私の対応がまずかったのか? 周囲からあれやこれや言われることもあり、自分を責めてしまうことがあります。   そんな中で、 …

当たり前を当たり前と見なくなると、人は成長できます

  不登校の子供を持つ親は、かつては登校して当たり前、そう思っていたのではないでしょうか? 息子の運動神経に期待し、運動会ではヒーローになる姿を想像していた、かつての私のように。 当たり前が …

不登校はカウンセリングで良くなるのか?私が今のカウンセラーを選んだ大切なポイントとは?

  昨日の息子のメッセージにもありましたが、受験は2日連続が限度・・・ 精神面からくる肉体疲労が激しかったようですね。 今後受験を迎える方は、そのあたりも考慮してみてくださいね。 &nbsp …