【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

想い

お子さんを取りますか?学校を取りますか?

投稿日:2017年9月20日


 

私のリアルな友人のお子さんでも、不登校までは行かなくても、学校が嫌い!行きたくない!と訴えている子がチラホラいます。

今日はその中のある子のお話。

その子は今、修学旅行に行きたくなくて学校と相談中です。

私も実際修学旅行は苦手でしたから(^^;、その行きたくない気持ちがとてもよくわかります。

その子は女の子なんですけど、女の子同士でつるむとかが苦手なんですよ。

普通の女子(?)には理解ができないことかもしれないけど、私も似たタイプだからね~(笑)、これは結構キツイものなんです。。。

そもそも、気の合う友達が学校にいないのかもしれないし、もし、そんなケースであれば、尚のこと修学旅行は楽しいモノではなくなります。

仲の良いグループで自由行動というのも、学校が嫌いな子供にとっては、そのグループ決めの段階で既に苦痛です。そして、一緒に行動するのも、苦痛以外のなにものでもないんですよ。

友達が嫌いとかいう問題ではないですよ。むしろ友達としては好きの方が強いです。

修学旅行も授業の一環と言ってしまえばそれまでだけど、私は楽しんでこそ思い出にも残ると思っているので、苦痛が思い出になるなら行かなくても良いんじゃないかな、な意見を思っています。

 

そして、今日私が伝えたいのはこの子のお母さんの対応なのです。

この子のお母さんはしつけは厳しくて、自分でも「鬼!」と言い、子供からも「鬼!」と言われて笑っています。

でもね、この子のお母さんのスゴイなぁと思えるところは、子供の気持ちや心を一番に考えることをしていて、学校にも絶対子供の味方であることをぶらさずに、時には言いにくいことも言い、かけあうところ。

今の私ならこういう対応もできるけど、行き渋りや不登校で悩んでいる時にはできなかったと思います。いや、確実にできなかったですね…

我が子の不適応を嘆き、学校に対して申し訳ないと思い、そして、子供の味方になれていない自分にも嫌になり、きっとぐちゃぐちゃで一人泣いていたかな?

 

これからあなたに究極の質問を投げかけてみます。

あなたは、お子さんを取りますか?学校を取りますか?

他の答はありません。二択です。

 

答は全員が全員決まっていると思います!

 

私はこの子の母親にこのくらいの覚悟を感じました。

子供の気持ちを思って、その気持ちを大切に学校にかけ合う母親。

学校が、先生が何と言おうと、私は子供の気持ちを大切にしますよ!とね。

この母親の行為が子供の心に響かないことはないはず。

子供が感謝の言葉を口に出すことはないかもしれないけど、その親の姿は強く心に刻み込まれ、愛されている実感、理解してもらえてる実感、自分の意見や気持ちを尊重されている実感、これを感じて、それだけで心の居場所は確保できるだろうなって。

 

嫌なことを頑張りとおすのも昔なら美徳かもしれなかった。

でも、私はこれは間違った美徳だと今では強く思っています。

 

どんな自分でも自分を信じてくれる母親。

このことが、子供に自信を持たせ、勇気を育むことになる!と思えましたよ。

 








-想い

執筆者:


  1. みかりん より:

    子どもです!

  2. befield より:

    みかりんさん

    元気なコメントありがとうございます!!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

不登校の子供は引きこりたいわけではないってことに気づく努力を!

  昨日はちょっと勝手に興奮状態(笑) さて、それは何かお分かりでしょうか?(楽天が福岡に行くんですよ〜) 気持ちもルンルンにこの記事を書いているところですが、今のこの気持ちを噛みしめれば、 …

不登校の子供に変わって欲しいですか?そのために必要なことは?

  会社の変化は、経営者の変化から始まる。   昨日読んでいた雑誌でこのような言葉を見つけました。 会社経営と不登校なんてつながらないと思うかもしれませんが、そんなことはありません …

不登校からの高校受験。今の私ならこう対応します

  不登校の子供にとっての最初の難関は、高校受験でしょうね。 大学受験もあるけど、高校受験の方が重いかな? 大学は本人も大人に近づいてますし、自己責任の認識も高まっています。ある程度自分の選 …

受験とは、勉強とは皮肉なもの。それはなぜかって?

  勉強とは皮肉なもの。 これは今朝の私が感じている感情です。   息子の苦手な科目は英語。 しかし、受験で絶対に避けられないのが英語でもあります。 息子曰く、英語がそこそこできる …

今日一日産まれたときの気持ちを思い出してみよう

  人には欲望があります。 あるものを手に入れたら、もっと別なものが欲しい。 これができたら、これもできるようになりたい。 欲が良い方向に向かっていくのは素晴らしいことで、それに従い自分が成 …