【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

息子はずっとこんなストレスも抱えていたのか・・・

投稿日:2017年1月12日


 

実は、私が今おそらく中耳炎。

耳鼻科が休みで病院には行けなかったんですけど、今日も息子の中耳炎の経験から、

「それ、中耳炎だね」と。

痛くはないんですけど、耳に水が入っているような詰まった感覚。自分の声がうるさい。鼓膜がガサガサする。

こんな症状です。

このことを息子に話したら、頭を下に向けるとわかりやすいよ。頭を下げた時に、ガサガサ音がして、圧がかかる感じなら中耳炎だねって。

確かにこの通り。
まだ、痛みがないだけいいんですけど、耳の違和感を感じながら過ごすのはストレスだな、とまた身をもって感じさせられました。

息子は何度も中耳炎を繰り返して、何度も切開して、よく泣いていましたからね。

 

子供は中耳炎になりやすいとはいえ、こんな状態を何度も経験するのはストレスが溜まります。

学校に行けないというストレスだけでなく、身体的にストレスをあったんだろうなぁって、遠い過去を思い出していました。

また浮かんでくるこの言葉。
「健康な人は、病気の人の気持ちがわからない。伝わらない。」
持病がある人であっても、自分の抱えている病気以外のものだと、なかなか同じ気持ちにはなれませんね。

どんな痛み、どんなストレス、どんな不安・・・

病気になれ、とは言わないけど、なってみてわかる同じ気持ちです。

今日は昔の息子の気持を思い、ちょっと切ない・・

私は、もっともっといろんな気持ちを知っていく必要がありそうです。

無理せず早めに治します〜。

 

今日は軽めに・・・

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

不登校の息子が古事記のものがたりを知っていた。それはなぜか?

  何でそんなこと知ってるの? これは、時々息子に対し思うことです。   友達に「これ貸してあげる。読んでみて?」と、半ば強引に貸し出された本を今読んでいます。 その本は、『古事記 …

子供が通えたら通えたで母親の心は曇ることもあります

  「何を贅沢な!」と思われるのかもしれまんが、息子が大学に通い始めたら始めたで、母親の心はまた違った感情で曇ることがあります。 ほんの一年前、いや、数か月前ですね、には、このような状況にな …

数字で現せない評価というのもあるはず!と私は信じています

  昨年も同じようなことを書いた記憶がありますが、それは読み返さずに書いていこうと思います。 それはプロ野球のドラフト会議。 私自身が一応楽天のファンでありますし、息子と同世代の子供達が一歩 …

ミスを笑い飛ばして、次なる力を引き出そう!!

  私の好きな野球も今シーズンはソフトバンクの優勝で幕を閉じました^^ 半年以上も楽しませれくれた選手たちに感謝すると共に長いシーズンお疲れ様と言いたいです。 でも、厳しい実力の世界はこの後 …

不登校は「ままならない」という学び。「ままならない」を身内で学ぶか?それとも外で学ぶか?

  息子が大学に行くようになって、私も家で一人でいる時間が多くなりました。 家族を送り出した後にホッとする気持ちとはこういうことかな? おそらく普通の主婦が味わっているだろう感覚を今味わって …