【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

不登校はいろんな意味で大学選びが大変ですね~昨日得た新たな学び

投稿日:2017年3月8日


 

昨日はまた学んだ一日・・・。

息子は特にこの傾向が強いのかもしれませんが、嫌いと思ったら徹底的にダメですね。

学校もそうで、不登校を貫き自分のやり方を通してきました。

昨日は昨日で望まない大学の受験だったんですけど、実際キャンパスに行って、ここは無理・・と本人も確信したようです。

帰宅後『二度と行きたくない!』と言っていましたからね。

 

ここであなたに一つ言えることは、受験する大学のオープンキャンパスがあったら、足を運んで雰囲気だけでも肌で感じてくださいということです。

そこで、先生や学生がどのように接してくれるのか?

親切なのか?行き届いた対応なのか?

自分の感情を無視しないで感じることも大切かなと思いました。

ぜひ、受験の時は参考にしてください。

 

昨日受けた大学はね、実は私の母校なんですよ。

だから、正直、息子には合わないだろうな・・・とは思っていました。なので、やっぱり・・・という感じですね。

好き嫌い、合う合わない、我慢をして適応していくのが成長とは私は思っていなくて、自分に訴えかけてくる感情は上手に扱って欲しいと思っています。

何回も書くことですけど、何が嫌だと感じるのか?

これを自分なりに答えを出すことで、次の選択に活かすことができます。

 

私が住んでいるところは、一応100万都市で東北では一番大きいんですよね。なのに、選択肢となる大学は本当に少ない。そこが悩みどころではあるんですけど、おそらく、東北にお住まいの方は、うんうんと頷ける話かな。

ま、与えられた環境でどのようにしていくか、それはこれから考えていきます。

 

そうそう、話は変わりますが、昨日息子が面白いことを教えてくれました。

それは、同志社大学のWEB上での不合格通知。

ちょっと引用しますね。

 

あなたにとって残念な結果となりましたが、あなたの日々の学習努力に心から敬意を表します。再度奮起され、来年も同志社大学を目指されるなら、次こそは合格通知を受け取っていただきたいと願っています。
同志社は、あなたの挑戦を来年もお待ちしています。

なお、不合格通知は郵送いたしません。

 

普通、通知がなければ不合格、ですよね?

これも大学の独自性でカラーともなるんでしょうけど、この通知を受け取って、

『もう一年頑張って、来年は絶対合格するぞ!』

と思う受験生もいるでしょうね^^

 

私はこういうのに弱いです。頑張ってしまいそうです。

・一つは他と違うことをするという独自性であり、
・もう一つは競争試験とはいえ、受験生の心情を思う姿勢ですね。

こういったところに強烈に魅力を感じます。

 

ちなみにですけど、私は高校時代に同志社大学に憧れを持っていました^^

遠いし、実力もないし、リアルに受験は考えませんでしたけど、行きたいとは思っていたんですよ。

これ、なぜだかわかります?

それはですね、昨年亡くなってしまいましたが、ラクビーの平尾さんが大好きだったから(笑)。

同志社に入れば会えるかも・・・なんて思っていたのです^^

私であれば、こんな動機もありな大学受験(笑)。

でも、私にとっては強いモチベーションです。

 

なので、ちょっとしたことでこの大学いいかも~と思える可能性もありますよね。突然目の前にポンと出てくる大学があるのかもしれないし、突然輝きを帯びて再度目の前に現れる大学があるかもしれない。

来週最後の試験を残しているのに、親子でこんな話。

逆にいろんな可能性があると思って、楽しみながら大学情報をキャッチしていきます^^

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

子供の夢を応援できますか

  印象的な一文が目に入りました。 それは、 『先生というのは生徒を切り捨てるのではなく、生徒の夢や希望を叶える手助けをするのが仕事』(※) というもの。 これは、息子の通う予備校のテキスト …

いくつになっても好きなことは学んでみましょ^^

  先日、面白いものを見つけて家族で笑っていました。 それはですね、私の小学校から大学までの成績表&通信票や表彰状。   思えば、これらは実家で遺品整理をしていた時に見つけたもので …

不登校<魅力的な人であれ!

  あなたの目の前に男性がいます。 1人は品良くスーツを着こなす紳士タイプ。 もう1人は、ガッチリ体型で、優しさと強さを感じさせるスポーツマンタイプ。 もう1人、登場してもらいましょう。人を …

不登校を経て大学生活を送る息子を見て思うこと

  息子が大学に入学してからほぼ1ヶ月。 新たな環境にも慣れてきて、リズムも整ってきたようです。 母親の私が促さずとも勝手に大学に行く息子を見ていると、今までは何だったんだろう?って不思議な …

文章は相手との対話です。それは試験も同じ。試験とは出題者との対話の時間

  今日から大学の入試試験の息子です。 昨日はのんびり朝寝をして、ゲームをして、勉強をして、でも、早めに寝たのかな? 焦ることもなく、一夜漬け的に集中するわけでもなく、いつもと変わらずマイペ …