【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

小さな成功で脳を騙していきましょう!

投稿日:2016年10月21日


 

ここ数日、勝手に自分でトライしていることがあるのですが、なかなか効果あり。

私には引き延ばしにしてしまう癖があります。
もしかしたら、あなたにもあるかもしれませんね。

手帳に一応書いてみる。けど、書くだけで終わることも多いです。これでは意味なし。

こんなことがしばしば。

 

それが緊急を要さないことだからという点もありますが、そして、それで毎日が困るわけでもないというのも頭のどこかで甘えとしてあるんでしょうね。

 

椅子に座り、本棚の本を眺めていて過去に買った本を手に取りました。

おそらく以前は、目にとめていなかった箇所。しかし今回は、そこがピカッと私の目に入り、軽くやってみようかなと。

 

どのようなことかというと、簡単に達成しやすいことを毎日一個達成するということ。

ちょっと呆れかえってしまうような例かもしれませんが、私の先延ばしにしていたものは、

・カタログ注文(いつの間にか期限が迫っていました)
・アンケート回答の提出(提出しないと電話か訪問があります)
・パソコン内の整理

です。

 

こんなことができないでいたのです。

まずは、カタログ注文から。
商品を決めて、ハガキなり、インターネットなりで注文しないといけません。一気にやらなきゃと私の頭は決めつけているところがあるので、やりたくないのです・・・。

ですので、分割しました。

・カタログを眺める・・・一日目、目標達成
・候補を2~3あげる・・・二日目、目標達成
・注文商品を決める・・・三日目、目標達成
・ハガキを書く、インターネットで注文をする・・・最終目標達成

くだらなくて、笑っちゃいますか?^^

 

アンケートも同じです。

・アンケートを記入する・・・一日目、目標達成
・外出時に投函する・・・最終目標達成

 

スキマ時間にこれならできます^^

 

パソコンの整理は現在も継続中。

一日、最低ひとつだけやるようにしています。やれば、実際はそれ以上に進むんですけどね。

そうすると、いつの間にか進んでいることに気づきます。

そろそろ、来年の手帳も本屋さんに並び始めて、『来年こそは!』とか『来年から!』と目標を立てる時期にもなりましたね。

来年の目標を決めるのはとっても大事。

そして、目標から、自分が無理なくできる可能なレベルまでに行動を細分化することも同じくらいに大切です。

そして、小さい行動を毎日積み重ねていく。

遠回りなようでもこれが近道です。

 

小さな行動でも、決めたことを達成するのは気持ちがいいものです。

大きな目標ではなく、小さな目標でも、

脳は達成感を味わわせてくれます。

 

これが積み重なったら、できない自分ではなく、できる自分にもなり、自己のイメージにも影響してきますしね。

 

不登校の子供の自信を回復させるのは、なかなかの修行と私は感じています。

それだけ、小さい頃に自信を奪うことをしてきた、ということでもあるんですけど。

 

幸い、未来へのシナリオの書き換えや変更はまだできます。

 

まずは、自分で試して効果を実感して、そこからですね^^

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

運命という道にどう向き合っていくか?

  只今、断捨離中^^ 言霊ですね^^ 一昨日、次は断捨離だな~と一言書いたら、本当に断捨離する羽目になりました。   きっかけは、息子が本棚のスライドを外してくれたこと。 20年 …

お母さん、最近サボってない?

  たまーに息子のチェックが入るこのブログ。 今朝言われたことは、 「お母さん、最近サボってない?」でした(笑) 「なんでよ?」 「文書短かくね?」 「あ、そう?だいたい1500字〜2000 …

息子から出た意外な言葉

  何をやってもうまく行かない日ってありますよね? 『今日はやだ・・・もうダメ』っていう日。 願書記入をしたその日、その日が息子に取ってはそんな日だったようです。 いつも持ち歩くiPhone …

子供の夢を応援できますか

  印象的な一文が目に入りました。 それは、 『先生というのは生徒を切り捨てるのではなく、生徒の夢や希望を叶える手助けをするのが仕事』(※) というもの。 これは、息子の通う予備校のテキスト …

私が思う幸せな人生とは、あなたに会えてよかった・・と思ってもらえること

  ここ最近、オリンピックを観ていて思います。 選手は『金メダル』というゴール、目標に向かって、相当辛い練習を日々こなしてきたんだろうなって。 自分で決めた一つの目標に向かって、努力を重ねる …