【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

想い

不登校の復学のポイントは、その子が感じる楽しさもあるのかな?

投稿日:2017年1月3日


 

今日、たまたま『しくじり先生』で、そのまんま東さんが話しているのを観ました。

ほんと、タイミングよく私の目に飛び込んで来て、必要な情報はちゃんとキャッチできるんだぁ、と嬉しくなりましたよ^^

 

で、内容はね、

そのまんま東さんが42歳の時に大学受験を志して、その勉強のために、塾に通っていた時の話。

午前中からその塾に行っていたのは、そのまんま東さんと中学生の子の二人。

その中学生は不登校です。

 

『This is a pen.』をbe動詞の疑問形にしなさい、

と先生に言われ、
東さんは、わからずに、
『Thisi is the pen???』と語尾を上げて答えたそう(笑)

その答えに中学生が爆笑!!!

 

毎回毎回そんな調子だったから、授業の度にその子がどんどん明るくなっていって、しまいには塾に姿を見せなくなったそうです。

どうしたのかと思ったら、勉強の楽しさがわかって学校に戻っていったって(笑)

 

東さんは、その子のお母さんにはすごく感謝された、と話していましたね^^

 

とてもいい話ですよね。

 

その中学生の子も、決して勉強が嫌いなのではなくて、学校が嫌いだったんですね。

この点を大人が理解できるかどうかは、その子の心に大きく影響しますね。

楽しさを覚えれば、
誰でも前向きに頑張れる!

私はそう思いますよ。

 

この中学生は見事に復学!

学校の環境は変わることはないでしょう。
でも、再度飛び込めたのは、自分自身が『楽しむ心』を覚え、自分自身が変わったからですよね。

 

その子の変化なんですよ。

 

私もそうでしたが、あなたは過去にしたお子さんへの対応で、反省、後悔をしたことはありませんか?

『お母さんに突き放されて悲しかった』
『学校行け!行け!言われてすごく嫌だった』

口に出して伝えてくる子もいますし、口には出さずとも心で思っている子もいると思います。

 

もし、不登校の対応で私のような後悔や反省をしたくないのなら、登校させたい自分の気持ちは抑え、お子さんの登校できない、苦しい気持ちを感じてみてください。

 

苦しいときに苦しさを受け止めてあげて、その子が楽しんでできることをサポートできたら、もしかしたら登校もできるかもしれない、そう思わせる内容だったなぁと、私は思ったんですね。

 

今日も友達とLINEで、第1子の子育ては、わからないことだらけでオロオロすることも多いし、可愛いいと同時に、ある意味犠牲者だよね。

しつけや教育も、親として1年生の母親がやるのだから、間違いだらけだし、未熟な存在だったんだよ、

なんて話をしてて、

みんな同じだよ・・・

と励まされました。

 

第1子より第2子の育てることに余裕が持てるように、不登校も1人目よりは2人目の方が、経験を活かして対応できますよね?

 

私が今行き渋りの不登校の子と向き合うならば、一旦学校は休ませ、その子の心をほぐすことをすると思います。

その子が何が好きで、どんなことを楽しいと感じるのか、その子の苦しみは何なのか、接しながら一緒に探します。

 

難しいことではないと思いますよ。

あなたは苦しいとき、悲しいとき、人にどんな対応を求めますか?

どんな対応に心を開きますか?

心を開ける方と問題を解決していこう、そう思うのではないですか?

 

自分がされて嬉しいことをお子さんにするだけだと思います^^

 








-想い

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【不登校】の息子も私は大好きで応援していた♪

  最初にちょっとだけお知らせをしておきます。 実は、私が愛用しているパソコンに寿命が来ておりまして、昨日から電源が入らない、使えない状態になってしまいました。 この投稿は息子のパソコンを借 …

不登校だからの発見も多いもの。感覚をするどくしてみて!

  昨日は息子がセンター試験前の最後の模試でした。 今回は学校を通しての申し込みではなくて、完全に個人での申し込み。 自分で探して、申し込んで、振り込みをして、受験手続きを全部自分でしていま …

不登校はカウンセリングで良くなるのか?私が今のカウンセラーを選んだ大切なポイントとは?

  昨日の息子のメッセージにもありましたが、受験は2日連続が限度・・・ 精神面からくる肉体疲労が激しかったようですね。 今後受験を迎える方は、そのあたりも考慮してみてくださいね。 &nbsp …

不登校のお子さんを持つお母さんへ

  私も一母親です。 これまでに、子供が不登校であることに対し、母としてあるべき姿をいろいろアドバイスしてくれる方がたくさんいました。   でも、その心は嬉しくても、 責められてい …

不登校という「点」は、スティーブジョブスの「点と点とのつながり」の話にもつながる

  私は、スティーブジョブス氏のスタンフォード大学での卒業式のスピーチが好きです。 この中でジョブス氏は3つのことを話しているのですが、今日はその中の一つ『点と点とをつなぐ』話について書いて …