【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

母の心

センター試験の結果から見えた息子の意外な強み

投稿日:2017年1月18日


 

あなたの得意なことって何でしょうか?
あなたの好きなことって何でしょうか?

ちょっと考えてみてくださいね。

あなたは好きと得意が一致するタイプでしょうか?
それとも、得意なことと好きなことは分かれるタイプでしょうか?

結構難しい質問だと思います。
自分のことだとなかなかわからないってこともありますしね。

主婦の方がわかりやすいように家事でたとえてみましょうか。

私の得意なことは、掃除や整理整頓かな。
でも、好きではないんですよ。
埃が見えると気になるし、ごちゃごちゃしていると気持ちが落ち着かなくなる、だから掃除をするという感じです。

好きなことは家計簿をつけること。
つけるだけで満足し活かしてないんですけどね、この手の作業には心が躍ります。

そして、得意で好きなことはアイロンがけかな。
これも気持ちよさが最後に残りますからね。

でも、これは私自身が感じていることで、他人が見たらまた違うこともありますね。

他人の方が私が得意とすることが目に入りやすいかもしれません。

モノを頼むときとか得意そうな人に頼んだりしません?知らず知らずのうちに得意そうな友人に聞いたり、お願いってしてることってあると思います。

 

実はね、息子のセンター試験の解答を見て思ったことがあったのです。

息子は数学が好き。分野、分野では得意と思えるところもあるかもです。

でも、今回のセンター試験で息子の得意は現代文、特に小説なのかもしれない、と感じました。

問題を読み解くコツを息子なりに持っていて、小説であれば、問題を出した人がどんな答えを求めているかを意識して読み、評論であれば筆者が何を言いたいのかを意識して読めば、解答に寄せやすいと。

今回は数学では伸びなくて、国語が伸びたという意外な結果。

国語なんてほとんど勉強していないのに、です。

本人は心理系に進む希望を持っていますが、哲学や文学なども向いているのかな、なんて思わせてくれた試験でしたよ。

結果は息子本人が納得できるものではなかったですけど、これらはトライしてみないとわからなかったことです。

勇気を出して、たとえ失敗であっても、やれば何かを得ることはできるんですね。

悔しい気持ちもそうかもしれません。

 

今回の発見はまだ触りにしか過ぎなくて、これから意識して観察していこうと思っています。
子供に限らず、人のこうしたところを見つけるのはとても嬉しく、楽しい。

そして、それは本人が気付いていない可能性もあることなので、気付きを与えることにもなります。

お互いにとって良いことですよね。

初めてのことってうまくいかないことも多いけど、発見や気付きも多いので、これらを無視しないでどう活かしていくかで、自分自身も変わっていけると思います。

 








-母の心

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

不登校でも【あなたがいい♪】と言われるように

  プロ野球も交流戦が始まって、主人の機嫌が良い我が家です。 主人は長年のジャイアンファンでしたが、今は地元の楽天を応援しています。 セならジャイアンツ、パなら楽天って感じですね。 ですから …

不登校は親子の成長につながります

  息子は高校三年生。 誕生日が6月なので、選挙の投票権が来ていました。 選挙権年齢が18歳以上になって初の選挙ですよね。 息子の成長を心に残す意味も込めて、一緒に投票に行ってきましたよ^^ …

「〇〇できて当たり前」は、自分に対して使う言葉

  試験一日目が終了しました! 得意の数学が難しかったー、と得点を伸ばせなかったようで、雪の降る中、心も身体も凍えて帰宅しました。 いくら過去問を解いても対応しきれないものはあるし、イレギュ …

不登校の母親の心は複雑です。その心のうちとは?

  不登校という状況が母親の精神に及ぼす影響は、もしかしたら、経験した人にしかわからないものなのかもしれません。 今日は私が嫌だったことを書いてみようと思います。 環境によって違いがあるかも …

子供を信じる母の思い~栗原類さんの話より

  先週くらいだったかな? 私の住む地元の新聞に、栗原類さんの記事がありました。 友人からの話ですけど、金スマ?で、自分は発達障害だと話していたそうですね。 私、実は栗原さんのこと初めて知っ …