【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

考え方

新しいチカラを生み出し、自信に満ち溢れる自分を創りだす唯一の方法

投稿日:2017年2月19日


 

来年以降受験を迎える方へ何をお伝えできること。

今日はそのような観点から書いてみます。

 

息子は、カテキョー君であったり、カウンセリングのドクターであったり、或いは、学校の先生だったり、経験豊富な方から助言をいただける恵まれた環境にあります。

 

実は、息子本人も好まず、そして、受験生だったら私自身も好まない方法と思えていたもので、今ではおススメしたいこと、それは、

すべり止めの合格を手にしておくことということです。

 

すべり止めですから、自分の実力で楽々受かるところですよ。そこが、絶対行きたくないところであっても、です。

当然じゃん?それが普通じゃん?

そう思われました?

それができない、変な親子なんですよ、私達は(笑)

 

この切符を持っているか持っていないかで、精神面は相当差が出ますね。

息子を見ていてそう感じます。

 

すべり止め対策は、その子の性格にもよります。勿論、お金もかかります。

でも、一つの合格を手にしている安心感というのは、崖っぷちの子より精神面で余裕があることは事実です。

 

中にはマインドが強い子もいて、崖っぷちになればなるほど力を発揮する子もいるとは思いますよ。

 

ですから、この方法がベスト!とは言いません。

 

ただ、私は【安心】という点より、

合格という成功体験を本人に経験させるために必要と感じました。

小さくても成功体験はとても大切。

小さな成功が本人の自信をみなぎらせるものなんですよね。

 

行きたくない大学でもいいんですよ。

試験を受けて【合格】するという体験が違いを生むんだよ、ということです。

 

息子も私も、行くつもりのない大学の受験はしないという考えを持っていましたが、今後はおススメしません。

その子の人生という長期的視点でみたら、【成功体験】は、その子のその後の人生に向き合うマインドを大きく変えるものになっていきます。

私はそこに気付き、考えを改めました。

 

こんな話があります。

それは、勝てない競走馬の話です。

あなたが勝てない競走馬のオーナーだったらどうでしょう。

我が子のように可愛い馬を負け続けるレースに出し続けますか?

また負けるだろうと思いながら、スタートゲートに送り出しますか?

 

また負けるだろう・・というオーナーの気持ちは、残念ながら馬にも伝わってしまうでしょうね。

 

でも、ここで階級を落としたレースで走らせたらどうでしょう。
ライバルの力が劣る低い階級でのレースです。

そこで忘れていた勝利を味わせ、その味を実際に感じさせる。

 

自信を取り戻したその後に、また本命のレースに戻せば、馬は生まれ変わった走りを見せることがあるそうですよ。

勝利による自信が、馬を蘇えらせるのです。

 

あなたが馬のオーナーならどちらを選択するでしょうか?

 

私がオーナーなら、自信をつけさせる方法を取ります。

もしかしたら、その決断をすることに勇気が必要になってくるかもしれませんけど、自分の目標は何なのか?という視点でみると、私の答えは明らかになってくるんです。

自分の馬に自信を持たせて、伸び伸びと走らせたい!
自信に満ちた走りで、勝利を味わわせたい!

その馬がその馬らしく在ること。その馬が引き出す走りで勝利させること。

この思いに行き着きます。

 

自信がある!というセルフイメージを持つことは、それほどまでに重要なことです。

このことにぜひ気付いていただきたいですね。

 

実は、本日息子は試験日。

私も日々経験を糧にしています。

 








-考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

不登校のお母さんにお伝えしたい私の裏の想い

  今日書くことは、私も自分で書きながら気付いてはいるし、読んで下さるあなたも気付いているかもしれないことです。 さて、何でしょうね~。何かわかりますか?   私のブログを読んでい …

不登校という世界&学校という世界。両方を知っていることは有利ということもありますよ。

  ここ最近の息子の勉強量が本当に受験生並み(笑) 7~8時間位集中しているのではないでしょうか? 普通の受験生ならこれがいわゆる普通なんでしょうけど、我が家は普通ではないので、こういう姿を …

「期待」も「不安」も結局は現実化しなかった

  子供は思い通りには育たない! これは多かれ少なかれ誰でも思うことですよね?   私がかつてした妄想は、息子の運動会で活躍する姿でした(笑) 主人と私は体育だけは共通して成績は良 …

不登校も直球だけではなく、緩急つけて!

  18歳、しかも男の子。 この頃になると自分の仕事もリアルに視野に入ってくるのでしょうか? 私と比較したところで何にもなりませんけど、私にとっては、大学は就職へのつなぎの時間、勉強に精を出 …

不登校の子供の心を知りたい、どうすればいい?

  私の中にある幼稚園のときの記憶です。 幼稚園に行きたくなくて、泣き喚いたことがありました。 その時は父が私を抱きかかえて私を幼稚園に連れていき、嫌がる私を園長先生に預け、逃げるように帰っ …