【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

想い

ぐちゃぐちゃな不登校の悩み

投稿日:2016年8月14日


 

子供が不登校になると、子供はもちろんのこと、毎日接するお母さんの感情もコロコロ動きます。

自分では落ち着いていると思っても、結構狭い視野でしか考えていなかったり、見れてなかったりするんですよね。

特に、初期段階はその傾向が強いです。

 

私の感情の流れを振り返ると、

 

・子供にこうあって欲しいという母親の願い

・どうしたらこの状況が改善されるかという悩み

・子供の生活習慣の乱れによるイライラ

・主人は仕事~帰宅の毎日変わらない生活。私は学校に通えない子供と一日を共にする生活。このことに感じる不公平感

・誰かに話しても、理解が届かない虚しさ、寂しさ、悲しさ

・子供の将来の不安

・先生との心が通じない話し合い

 

今、手が動くままに書き連ねてみましたが、これは、まだまだほんの一部。

お母さん自身の悩みや感情は、子供と一日一緒に過ごすのですから、一日に100個以上は出ているんじゃないかと思います。

一つ出れば、次々出てきます。

悩みや、苦しさや、伝わらないもどかしさが引き金になって、ネガティブな思いはどんどん出てきてしまうんですよね・・・

 

でも、それをそのままにしておくと、そのまま流れていってしまうので、また同じことの繰り返しになってしまうんです。

私はブログを書くことで、というか、今もそうですが、書きながら自分で頭の整理を行っているところがあります。

今日のブログなんかがそうですね。

 

現在不登校に直面しているブロガーさんも、自分の想いを書くことで、整理ができている方って多いと思うんです。

書いて整理
話して整理

つまり、

アウトプットすることで解決とはいかなくても、少しずつ、クリアになることはあると思います。

 

私が確信して言えることは、

ブログを書くことで、書く前の自分より確実に成長してるってことなんです。

 

これはね、実際書いて実感しないとつかめない感覚でもあって、伝えるのは難しいところもあります。

なので、一度、きちんと時間を取って書き出してみるということをすると、自分の抱えている問題を客観的に見れるようになります。

 

何もブログを書いてください、と言っているわけではなくて、

 

子供が不登校で自分が抱えている感情を書き出して、書いたものを外から眺めてみてください

 

ということをお伝えしたいんです。

 

それをすることで、自分で気付けていなかった感情が炙り出されて来るんですね。

 

私の例で言います。

・自分一人が悩んでいるようでいたけれど、それは自分の感情をどうにかしたいという我欲であったこと

・我欲に気付き、そこを外れて息子を見れるようになったことで、息子の気持ちに沿った息子の進む道を見れるようになったこと

・息子と一緒に未来を見つめることで、初めてそこで自分の人生経験を活かせることができるということ(子供はそこに至る方法がわからないけれども、親は自分の経験や他人の経験からわかることが多いということ)

・学校に行きたくない、行けない、という素直な子供の感情に接することで、自分が今まで多くの感情を抑え込み、我慢していたかがわかったということ

・自分の我慢がわかったことで、自分の本当の思いや自分の在りたい姿というのが見えてきたこと

 

これらのことが、こうして表現できるようになりました。

 

 

これは、ブログを始めたここ2年のこと。

おそらく、ブログがなかったら、私はいまだに感情の垂れ流しを続けていて、変わらぬ感情の波に溺れていたかもしれません。

私は息子の不登校の期間11年のうち、約9年間をモヤモヤした感情とともに過ごしてきてしまったのです。

悩んで、解決策を求めて来たけれど、解決策を見つけるのは結局は自分しかいない、ということに9年を費やしてきたんですね。

 

9年、あなたにとって、長いですか?短いですか?(笑)

 

もし、こんなに時間を費やしたくなかったら、自分の感情に向き合い書き出してみることをおすすめします。

涙が流れる作業かもしれませんし、麻酔のようにすぐに効果の出るものでもないです。

しかし、やるのとやらないのとでは、あなたのとって大きな違いになると思いますよ

 








-想い

執筆者:


  1. 秋永麻里 より:

    はじめまして。
    あっきぃといいます。

    ブログに書くことは
    私もおすすめします。

    文字にすることで
    整理されますよね。
    きっと
    心の整理になっていくのですよね。

    またお邪魔させていただきます。

  2. befield より:

    あっきぃさん、おはようございます。

    ご訪問ありがとうございます。
    そうなんですよね。
    私も経験からそう思います。
    書くのにちょっと勇気も必要なので、
    そこの壁を越えられるかどうかなのかなとも思います。
    コメントどうもありがとうございました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

この不登校ブログは【親子のコミュニケーション】

  昨日、このブログのお問い合わせフォームから一件のメールがありました。 お問い合わせフォームからというのは何とも珍しい。 ところが、このメールなかなか秀逸で(笑)   最初は毎朝 …

私は「不登校」に苦しんでいたように見えて「夫婦関係」に苦しんでいたのかも・・

  お盆はいかがお過ごしでしょうか? 私はお盆は家のことで忙しいです(^_^;) 昨日は実家のお墓まいり、親戚のお墓まいりをしようと5:00に家を出ようと決めていました。 いつもなら普通に起 …

不登校の息子は戦わない。これが彼のゆるい心をつくっていたのかな?

  息子の心はゆるーい。 これは私が今感じている素直な心。 息子は、戦わない。 これなのかな?と思いました。   どういうことか説明しますね。 今現在、私は左耳の不調を感じていて、 …

先生も生徒もお互い学び合うのが【不登校】

  私には同世代の友達もいるけれど、一回り下くらいの子もわんさかいます。 私が年上だからなのか、結構学校の愚痴も吐き出してくれて、「なるほど~」と考えさせられることもあるんですよ。 息子が小 …

【不登校】の【脱・引きこもり】はまずは心の解放から

  不登校の子がやる気もなく引きこもってしまうのは親としては心配にもなるし、できることなら引っ張り出してあげたいと思うもの。 わかります、この気持ち。 今日はちょっと振り返りながら引きこもり …