【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

考え方

自分の価値観に沿って生きることが楽で幸せなんだろうね

投稿日:2016年11月23日


 

突然ですけど、自分の大切なものを挙げられますか?

これは、私の中のちょっとしたスイッチが入った時に考えること。

実は、今日はその日。

人によって大切なものは異なるけど、明確に上げることができる人はどれくらいいるのかな?

 

大切にしたものが残る。
これは私が本で読んで忘れずに覚えている言葉。

大切なものを大切にしていれば、自分自身が豊かな感情でいられるのだと思います。

それが幸せと言うのかもしれないですね。

何かが満たされていないのは、あれもこれも中途半端に求めすぎているからなのかな?

それとも、自分の大切と思っているものを自覚していないからなのかな?

今日は私もスイッチONのうちにと思い、大切なものを思いつくままに書き出していました。

それから、やりたいこと、欲しいと思うということも、一緒に書いておきました。

ただ、今日は深く考えず書き出しただけ。

 

自分の大切なものを一番大切にする生活。
そのために必要なことをする生活。

これは、何を大切にするかですることも変わってくるのでね、人の行動が信じられないものに見えることもありますよね。

ここで、常識という概念が自分の中で戻ってくるかもですが、常識に沿った生活をする自分と、大切な価値観に沿った生活をする自分と、どちらが幸せか?自分の中でどちらが大きいか?

このどちらを優先するか?なんですよね。

これは、自分の立場ですけど、相手を見るときも同じです。

 

信じがたい行動をする人をみることもあるでしょうけど、その人はあなたとは違った価値観を大切にし、その価値観に沿って生活をしているということ。

ここで、一言申す、も愛情かもしれませんが、やはり、その方の人生です。

価値観をすり合わせるように会話をすることは大切ですよ。

でも、責任を持てるのは自分の人生だけで、相手の人生に対して責任は持てないんですよね。

自分にも大切な価値観をを持って生活することを許して、相手の人生にもその人の価値観に沿って生きることを許す。

ちょっとだけ、そして、毎回少しずつだけ、

自分に優しく生きてみることを心がけるだけで違うと思います。

自分に優しくできると、不思議だけど、努力しなくても他人に優しくもなれます。

これは、私の経験から話せることですね。

 

だから、わがままなように聞こえるかもしれないけど、まずは自分を大切にすることって大切だなと、今まで抵抗があり、なかなかできずにいた私は思うのです。

 

今日書き出したものは、できるだけ客観的に見れるように一日寝かして、明日もう一度見て、自分の人生を考えたいと思います。

 








-考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

感情の波に襲われたときに、心の揺れを静める方法

  今朝はちょっとした揺れを感じる地震がありましたね。 歩いていたり、動いていたりするとわからないくらいの地震です。 こうした地震の揺れも、私たちが悩まされる心の揺れも、対応は同じかも・・と …

不登校も直球だけではなく、緩急つけて!

  18歳、しかも男の子。 この頃になると自分の仕事もリアルに視野に入ってくるのでしょうか? 私と比較したところで何にもなりませんけど、私にとっては、大学は就職へのつなぎの時間、勉強に精を出 …

不安、不安・・。襲ってくる不安に対処する3つのステップ

  誰でも持っている不安・・・ あなたは不安の対処方法は持っているでしょうか?   私も不安を感じることはしばしば。 でも、そのコントロールは比較的できる方だと思います。 ですから …

不登校の子供を持つ母親の怖れの正体

  子供が不登校になると、親は毎日悩みます。 出口がない迷路を歩き続けているのではないか?そんな不安に駆られます。 本当に解消するのだろうか・・・と。   誰でもそうだと思います。 …

不登校の子供は発達障害?

  私が学生の頃は、不登校という言葉はなく、登校拒否という言葉を使っていました。 発達障害という言葉も聞かなかったような気がします。 今になって思えば、それっぽい子がいたなと思うことはありま …