【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

考え方

不登校を遺伝子レベルと考えてみました^^

投稿日:2016年9月17日


 

ここ2日間、息子は全国模試で学校に登校。

実はまだ夏休み期間中なんですよ。

大学並みに休みが長いのですが、いつも家にいるので、『あ、そうだったんだ・・』という感じですね。

久しぶりに登校して、ちょっと驚きの事実があったようで、それを報告してくれました。

以前に、小学校の友達の一人が3学年始まると同時に転入してきた、という話を聞いていたんです。

今度は、中学時代の同級生が、二人同時に夏休みに転入してきたと言っていました。

小学校の友人は息子も私も、ほぼ全員顔がわかるのですが、中学に限っては知っているのは一人だけ。

息子もほとんど中学校には顔を出していないので、同級生はわからないはず。

それなのに、なぜわかったのか?

相手の子の方が覚えていて、声をかけてくれたそうです。

学校に行かないから、不登校児は有名なのかな?(笑)

その子から、もう一人も夏休みから来てることを聞いたそうで、これで、小中学校の同級生が3人になりました。

 

現在、息子の通うキャンパスだけで、3年生が100人くらいに増えているそうです(入学時は16人でした)

高校生活もあと半年なんですけども、年が明けてから転入する生徒もいて、卒業時には大体200名くらいになると言われているんですよ。

不登校ばかりが転入の原因ではないでしょうが、途中で転入してきた子の親の方が心中は複雑かな・・・と思えます。

 

息子の場合は、学校が合わない、というのがもう遺伝子レベルで、組み込まれていたように感じます(笑)

最初はわからずに、通わせようといろいろ手を打っていましたけど、その頃は全くうまく行かず、お互い、ストレスが溜め、イライラを募らせていたんですよね。

親子でありながら、そして、私は母親でありながら、心はすれ違うばかり。息子に対し???ばかりでした。

それがいつからなのか、私自身がそこでの抵抗をやめ、息子の望む声に従ううちに、

『どんなに上手い言葉をつかっても、どんな手を使っても、息子は動かせない』

と、100%思えるようになってきたんですよ。

 

息子に登校させるのは、遺伝子レベル的に無理!!

 

じゃ、大学は?通えるの?と思うところですが、私も正直わかりません。

ただ、大学は自分で好きな学部学科を選択できますよね?

必修科目もまだあるにはありますが、自分の選択意志が反映される点で異なります。

これは、実際に通ってみないとわからないです・・・。

 

その後のことはここでも報告していきますので、参考にしてください。

 

背が高くスッとしている人もいれば、ガッチリ、安定している体型の人もいます。

体重を増やしたり減らしたりすることは可能ですが、170㎝の身長を180㎝にしたり160㎝にはできません。

息子の不登校はこの身長みたいなもの。今、思えばね。

私は170㎝の身長を私は無理に引っ張って、180㎝にしようとしてたかな、と。

170㎝を180㎝にしようとするのではなく、170㎝で光る方法を考える!

みんなが行くから、行けないのがおかしい、良くない、って思いがちですけど、遺伝子レベルで動かせない要素の一つと思えば、あまりいじろうとは思わないはずなんです。

 

遺伝子はたとえに過ぎないんですが、息子を見ていると、現在の教育システムでは無理というのがわかるんですね。

もっと早くに気付けば、お互いが楽だったんでしょうけど、気付くのは苦しみも必要で、ホント、人生うまくできてるなぁと思います。

 








-考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

不登校に効くプラセボ効果があったらいいよね^^

  女性の方は頭痛持ちの方が多いかな? 先日の母の日に、娘さんからを頭痛薬プレゼントとしてもらったという私の友人がいました(笑) 「必需品と言えば必需品だけど・・・」と笑っていましたけどね。 …

不登校の問題を解決するには、母親の自己イメージも大切

  昨日は気圧の偏頭痛で一日ゴロゴロしていた息子。 何も知らない人が見たら、学校にも行かないでなんとぐうたらな・・と思うでしょうね。 いやいや、私自身が前まではそのように思って、イライラして …

自分の価値観に沿って生きることが楽で幸せなんだろうね

  突然ですけど、自分の大切なものを挙げられますか? これは、私の中のちょっとしたスイッチが入った時に考えること。 実は、今日はその日。 人によって大切なものは異なるけど、明確に上げることが …

「学校は行かないと」と思う観念から解き放されたひとつの言葉

  昨日朝早くから出かけた息子達。 残念ながら、抽選もれでスイッチは購入出来ず。そのあとは一緒に帰宅して、我が家で夜まで遊んでいましたよ。 自分の用事であれば朝は起きるけど、どう見ても息子は …

子供に期待をしてしまう・・・そんな時は

  期待してしまう・・・   これは誰でもあることですよね。 でも、その期待を胸に秘めていても、それが相手に伝わってしまうから厄介でもあります。 登校期待もそうだけど、受験となると …