【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

想い

【Don’t think!Feel!】~part2

投稿日:2017年9月6日


 

先週1週間、ゴルフを頑張った息子。

土曜、日曜、月曜の3日間は、出かける元気もない、暇だぁぁぁ!と言いつつ、ゴロゴロ昼寝をして過ごしていました。

昨日あたりから普通に復活。

体力的にも精神的にもちょっと今までにない経験だったかな?

普通の人からみたらレベルの低い話ですよね(汗)?でも、私にとっては大きな喜び♡。自分で決めたことに背を向けることなく、向かっていったことが嬉しいですよね。

こうした今までできなかったことを積み重ねていくことが今後の課題でもあって、今回、息子の中で達成感や自信が生まれていたらいいなと母は願っています。

 

実は、今週は大学が休みで久しぶりに息子と2人の時間を過ごしているんですけど(笑)、不登校時代のように夜中にコンビニ巡りのドライブに行ったり、ラーメンを食べに行ったり、結構懐かしく楽しんでいます!

当時は苦痛に思っていた時間が、今となっては楽しく、懐かしい時間になっている。

不登校期間は、私にとっては最高の時間だったのかもしれないなと思っていますよ。

 

息子と相性が良いことは感じていました。周りからも仲が良いね♪と言われることもよくあります。

でも、それが自然で「楽」であるというのは、やっぱりありがたいことですよね。

息子だったから、不登校もネガティブな気持ちに陥りながらも前を向けたし、私の思い込みや刷り込み、信念、観念というものに気付くこともできました。そして、それを徐々に剥がすことができるようにもなってきたのです。

まだまだ【Don’t think!Feel!】とサインが来ることもあるけど、今は気付けるだけでも良し!です。

考えるだけでもダメだけど、感じるだけでもダメ。両方のバランスが調って自分が高みへと行けるんですよね。

 

子供だけではなく、人間関係全般は相手を感じることから入った方がいいのかもしれません。

相手を感じるには相手に集中しないといけない。つまり、そこには「我」はないわけです。

相手を知ろう、理解しようという心が生まれます。

 

一方の考えるというのは「我」

自分が「青」と思ったら「赤」は見えなくなります。脳がそうさせてしまうんですよね。

この子はこう、あの人はこう、人に対してそう思い込んでしまったら、その事実を探すようになるし、最終的にはその事実を見つけることになるでしょう。

そして「ほら、そうでしょ?」となる(笑)。よくあることです。

 

だから、一旦、知識とか先入観は全部捨てて、感じることに集中するのが先だなと今は考えています。

そして、感じたあとに考えるのです。

 

【Don’t think!Feel!】

この後には、コトバが続くような気がします。

感じ取った後は、知識を総動員して考えよ!(英語はわからないので日本語で(笑))

 

対人関係において言うならば、相手を感じることができたら自分が何ができるのか?

相手を助けることができるのか?
相手の役に立つことができるのか?
相手を苦しみから救うことができるのか?
相手を喜ばすことができるのか?

頭を働かせ考える番だと思います。

 








-想い

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

不登校は不安・・私の不安の向き合い方です

  誰でも持つ不安。 不安をバネにしていける人もいれば、自分でさらに不安を大きくしてしまう人もいて、これは持って生まれた性格によるものだろうか?と時々思うことがあります。 自分はどうだったの …

私が思う本当の不登校の解決法はコレ!

  今日はお題の通り^^ 私が思う本当の不登校の解決法です。   なかなか響かない方もまだまだいるのは承知の上ですが、ただ聞いたことがあることと聞いたことがないのとでは大きな違いが …

見えないけれど、人の持つ「氣」は影響を与え合います。

  おはようございます! 今日からまた週初めで、また大学1週間の始まり、始まり。 息子を見ているとまだまだ気が張っている様子ではありますけど、気持ちが前に向いているのが母としては嬉しいですね …

不登校はハイレベルな親育て

  『内村選手って、2人子供いるんだぁ』 『27歳で2人か。早くに子育てが終わっていいな』   主人とオリンピックを観ながらの会話です。 このとき、私の中で、 『???』 &nbs …

母親ってすごいなあ・・・と感動します

  最近特に思うことがあります。 それは、母親って本当にすごいなあということ。 どんどん高い視点を持つようになって、尚且つ、子供の不登校での自分の在り方を確立させていっている方が多いですよね …