【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

考え方

不登校息子の大学受験・・・新たな展開か?

投稿日:2017年2月15日


 

昨日は息子のカウンセリング日でした。

息子1人で受診し、私は終了後に迎えに行ったのですが、息子が「このまま学校に行ってくれ~」と言うので、学校へ。

何のためかと言うと、調書の発行手続きのためなんですけどね。

 

実は、カウンセリングドクターには前々から言われていたことがあったのです。

息子自身は心理方面を望んでいてそれはそれでいいのだけれども、ドクターは、息子の強みは好きな数学を生かした経済方面だ、とね。

経済学部がある私大の願書締め切りが来週・・・、ぎりぎり間に合うんですよね。

本人が受けるというので、学校に行った次第。

 

カンセリングドクターには先日の試験の合否をインターネットで確認できるように受験番号やらを渡していたので、合格発表後のこの2~3日の間にイロイロと考えを深めてくれていたのだと思います。

発表後に家に電話も来ましたし、実は、今日も急遽呼ばれてまた行くことになっています。

 

この状況をあなたはどう思いますか?

どのように思うかは人ぞれぞれですけど、私の考えを書いておきます。

 

確かに息子は混乱しているだろうと思います。

しかし、息子が出せる決断というのは、息子の頭の中にある情報の中からだけ、なんですよね。

つまり、息子が聞いたことのない情報については判断すらもできないってこと。

ここは私自身が重視するところなんですけども、いろんな必要な正しい知識が頭にあるということは、その人の選択の幅というものを広げてくれます。勉強に限らず、いろんな知識ですよ。

ただ、今は情報過多の時代ですから、正しい情報というのは取捨選択する必要はあります。その点に関しては、その言っている人がどんな人かで判断するといいと思うんですね。

その人がどんなことをしている人なのか、あなたにとって信頼できる人なのか、その人は勉強を続けている人なのか、あなたが助言を受けたい分野でどんな結果を出している人なのか、とかですね。

自分の中に知識がないものは、そこが盲点になります。目の前にあっても気付けません。

ですから、そこに気付かせてくれる方は大切、その情報を自分に取り込む柔軟さも大切なんですよ。

そこで自分がどう感じるかは別として、

「そういう考えもあるんだ・・・」とその考えを一旦受け入れることが必要なんです。

その時に必要がなくても、数年後にその記憶を脳の引き出しから出すこともできるのでね。

 

運命の道というのは自分が思っている道が正しいとも限らない。

自分の希望する道と違った道でも、入ってみればこっちがよかったという気付きもあるのが事実。

 

今回の息子のケースで私が思うことは、

・自分の意志も貫いてもいいんだよ
・やってみて、もし、それが「ちょっと思っていたのと違うな・・」と思ったら、ドクターの言葉も思い出してみて
・自分が一度決めたことだから・・・とそれに縛られる必要はなく、その後も柔軟に方向転換してもいいんだよ

 

ということですね。

 

一か月後、どのような状況に転んでいるのか、私も想像できなくなってきました(笑)

ここで、私までが混乱するのではなく、「面白くなってきたぞ!」な視点で、息子の進む道を眺めてみます。

 








-考え方

執筆者:


  1. みかりん より:

    いつもブログありがとうございます^ ^

    息子さんの選択がひろがって、なんかワクワクしますね!

    引き寄せられているのかな〜?

    元気を分けてもらいました(o^^o)
    うちの息子にも、信頼できる方の一言が欲しいです。

  2. befield より:

    おはようございます^^
    いつもご訪問ありがとうございます。

    私にとっては、義務教育的な学校教育も終盤なんで、変な言い方ですけど、ちょっと寂しくもあり、
    残り少ない出来事を味わいつくそう!そんな気持ちになっています。

    最後の最後までこうした可能性が追えるのも不登校だからこそ、なんですよね。

    ホント、感慨深いものがあります。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

不登校の子供の親の学校への執着を解放するために、自分でできること

  昨年の今頃は・・・ 息子と、そして家族とで、こんな会話になることがあります。 思い返せば、昨年のこの時期はまだ進路も決まらずにいたんですよね。   今年は無事大学一年を終了し、 …

「学校は行かないと」と思う観念から解き放されたひとつの言葉

  昨日朝早くから出かけた息子達。 残念ながら、抽選もれでスイッチは購入出来ず。そのあとは一緒に帰宅して、我が家で夜まで遊んでいましたよ。 自分の用事であれば朝は起きるけど、どう見ても息子は …

不登校の子供は、朝起きれない。これをどう教育に活かす?

  突然ですが、 あなたは朝型でしょうか? それとも夜型でしょうか?   私はたぶん夜型(だと思う)。 でも、集中力も高くて心地よく感じられるのは朝です。 起きるまでが大変だけど、 …

不登校の子供の心を知りたい、どうすればいい?

  私の中にある幼稚園のときの記憶です。 幼稚園に行きたくなくて、泣き喚いたことがありました。 その時は父が私を抱きかかえて私を幼稚園に連れていき、嫌がる私を園長先生に預け、逃げるように帰っ …

不登校の親がしてしまう特徴的なことに気づいていますか?

  不登校に限らず、子供に関することで夫婦の意見が食い違うというのはどの家庭でも見られることだと思います。 それぞれの考えがあり、主張がある。 その考え方に偏りがあったとしても、子供の将来の …