【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

考え方

不登校が私にもたらした大きすぎる価値

投稿日:2017年4月26日


 

不登校って悩ましいけど、今の私にとっては本当にありがたいものだったと思っています。

不登校が私に何をもたらしかというと、

・考え方であったり、

・人生における指針であったり、自分の人生の目標だったり、

・人や学校に対する偏見がなくなることであったり、

・息子だけでなく、不登校で悩む親子の方みんなが愛おしく感じることだったり、

息子が普通に登校していたら、得られなかったものばかりでした。

 

不登校と共に生きて10年(笑)

10年と言えば長いけど、振り返ればあっという間でもあって、でも、渦中では長い長い時間でしたね。

 

おそらくね、10年前の私を知る旧友が今の私と会っても、

「全然変わってないね^^」と言われると思います。

外見もね、子供のころからの面影を強く残しているみたいなので、とても分かりやすいらしい。

でも、ここでは外見ではなく私の内面の話ね(笑)

私が旧友と話していて、私の変化に気付くということはおそらくないということ。

 

ただ、私の中ではそんなことはなくて、この10年こそが今の私を創ってきたと言えるくらいの大切なモノ。

 

こうしてブログを書いて、読んでいただく方と交流をさせていただいて、より一層物事を広ーく捉えられることができるようになってきたなぁと感じています。

まだまだ歴史の浅いブログですけど、書き始めた頃の文章から受ける印象と今の文章から受ける印象は相当違うのでは・・・と私自身が思っています。

きっと、過去の文章を読んで違いを感じる方もいらっしゃるかな。

 

それだけこの一年での考え方の変化も大きかったんですね。

 

すごく矛盾しているように聞こえるかもしれないんですけど、今の私は、ある条件を満たせば復学もした方がいいとも思えているくらいです。

私の息子が復学できなかったし、もう高校を卒業してトライもできないという状況なので、これは私の中にある仮説みたいなものですよね。今後あなたと交流を重ねながら探ってみたいと思っています。

行けない→行かなくていい、これは普通の流れ。

でも、今の私は、その上の段階の「復学」も目指せるなぁと思えるところも出てきているのも事実でして、これが不登校がもたらした考え方の広がりというモノ。

 

登校→不登校→復学

 

ぐるっと一周回ってまた学校というのが、ポイントですよね。

 

今後もあなたのとの交流を通して、このあたりを説明していけるようにできたらなって思っているところでした。

 








-考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

不登校も直球だけではなく、緩急つけて!

  18歳、しかも男の子。 この頃になると自分の仕事もリアルに視野に入ってくるのでしょうか? 私と比較したところで何にもなりませんけど、私にとっては、大学は就職へのつなぎの時間、勉強に精を出 …

不登校の原因を探る中で出てきた3つ目の対策

  不登校は親の気持ちと子供の気持ちが背を向け合います。 学校に行ってほしいと願う母親の気持ち。 学校に足が向かない子供の気持ち。 どちらかに寄り添う解決策をとると、どちらかが我慢をすること …

不登校のあるあるなお話~昨日の息子の講義より

  昨日はですね、講義を受けてきた息子から私が講義を受けました。   まぁ、内容は専門的だし、用語も聞きなれなし、私には不向きで難しいなと感じましたね。 例として、不登校のケースで …

不登校という世界&学校という世界。両方を知っていることは有利ということもありますよ。

  ここ最近の息子の勉強量が本当に受験生並み(笑) 7~8時間位集中しているのではないでしょうか? 普通の受験生ならこれがいわゆる普通なんでしょうけど、我が家は普通ではないので、こういう姿を …

不登校の子供の親の学校への執着を解放するために、自分でできること

  昨年の今頃は・・・ 息子と、そして家族とで、こんな会話になることがあります。 思い返せば、昨年のこの時期はまだ進路も決まらずにいたんですよね。   今年は無事大学一年を終了し、 …