【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

想い

【Don’t think!Feel!】

投稿日:2017年9月5日


 

【Don’t think!Feel!】

 

私にとって、時々いろんなタイミングでやってくるコトバがこれ。

知らない方のために簡単に説明すると、「燃えよドラゴン」の中でブルースリーが発した名セリフです。

 

友人から「考えすぎ!あまり頭で考えるな!」とストレートに言われることもあるし、本やニュースや広告でそれとなく気付かされることもあります。

そして、そんなときの私はちょっと要注意(と最近は思うようになりました)。

昔はこのように指摘されるのが好きではなかったんですけど、最近は軌道修正のサインと捉えているのでとてもありがたいです。

 

人から言われたり自分で気付いたりする時は、たいていが考えすぎている時。

論理的に説明されて納得するタイプなので、感じることはとても鈍いし苦手なんですよね。見ている周囲の人も「頭硬いな~」と思ってイラっとしていると思いますよ(笑)

でもね、自分のこうした傾向は自分でもよくわかっていて、だからこそ耳を傾けることもしています。

 

感じる!って言葉にはできない大切さがあります。

子供が抱える痛みや苦しみを理解するのは、感じることが全てですから。

 

残念なことに、これができないのが学校の先生だったり、お医者様だったりすることが多いですね。私の経験上ではそうでした。

 

心の病と病院の相性というのは良いようで好ましくないと私はずっと思っていて、その考えは今も変わっていません。これは診てくれるドクターによりますね。

お医者様は確かに頭は良いし、研究もしている。専門的知識も豊富です。

ただ、この知識があるがゆえに、この子はこういう傾向があるから〇〇障害であるとか、ドクターによっては、自分の知識で考えられるパターンっていうのかな?患者を当てはめようとする方もいるんですよね。

最終的にはあるパターン、ある傾向があるという結果になるのかもしれないけど、先入観を持った知識が盲点を作ってしまうこともあると私は思っているのです。

まあ、こうしたドクターのタイプは、接していればそれが伝わってくるので判断はつきますけど、多分私はこういうドクターにはかからないかな?

100人の不登校の子がみんな同じかと言ったらそれは絶対にありえないし、不登校の子供の心の痛みも100通りあるわけですよ。

こういう場面では自分の知識というのは「我」にしかならないですね。

頭ではなくて、最初は心で持ってその子を感じ取る!その子をちゃんと観る!ということを私はドクターに求めたいし、そのようなドクターを探したい。

これは教育者である学校の先生に対してもそう。

 

こうして、ドクターや学校の先生に対することは自分の思いを言えるのだけど、私も同じことをしていて、それを繰り返しているのですよ(^^;

時々出てくる「こうあるべき」「これをしないと」「こうした方がいい」というものがそう。

 

こうした時にサインとして入ってくるのが、私にとっては、

【Don’t think!Feel!】

ということです。

 

今日は東洋医学の話を読んでいて、このフレーズがやってきました。

今の私はきっと、思考がある一つのところに偏り、論理を使って自分を納得させようとしているんでしょうね。

だから、考えるのではなく感じるとき。

頭で考えているときは、感じる心は麻痺してる・・・私の場合は特に強いと思います。

なので、今週は「感じる」週間ですね(笑)

 








-想い

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

終わったと思っていたら、実はまだ続いていた息子の試験~補欠合格通知書が届きました

  なんか、私の人生はいろんなドラマが仕掛けてあるようです。 好奇心が強く、冒険好きの私にはぴったりのシナリオなのでしょうか?   昨日の午後に、先日受けた最後の試験の補欠合格通知 …

本日の投稿が遅くなった理由は・・・

  ↑今日の上の画像は今の息子の状態です(;´∀`)   今朝は息子と今後のことについて話していました。 タイムリーな投稿になりますね。   昨日の合否の結果を踏まえての …

子供の目が輝く瞬間に!

  この時期は、学校によっては修学旅行があったり、運動会があったり、はたまた秋休みを利用して旅行をしたり、いろんな行事があるようですね。 何かと忙しい時期とも言えるでしょう。 先日、修学旅行 …

不登校の不安を自立に変えるために

  昨日は変なお天気。 12月の宮城で室温が25℃ もちろん暖房も要らなくて、暖房なしでもちょっと動けば汗ばむくらい。 風も強くて生暖かくて、この異常気象は何なんでしょう?   人 …

夏休みは毎日0時帰宅の元不登校息子!その様子を観察してます

  息子の夏休みはほぼパターン化してきました。 お昼前後に出かけて、終電1本前の電車で帰宅。自宅に着くのがだいたい0時です(笑) ほぼ12時間同じところで過ごしているわけで、これはこれはすご …