【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

アプリをバカにすることなかれ!

投稿日:2016年8月25日


 

パソコンを使ってこうしてブログを書いている私。携帯はiPhoneです。

先日、帰省した友人たちと食事をしたとき、ちなみに、同級生なんですけど、スマホを持っていたのは私のみでした。

みんなは折りたたたみのパカパカ携帯です。

バッテリーの持ちはいいし、パカパカ携帯好きなんですよ。

ただ、一度iPhoneを持つと、すぐ検索できるし、画面が大きいから見やすい。

この便利さは譲れなくなります。それと、便利なアプリもありますしね。

こうして、パソコンもiPhoneも使ってはいますが、パソコントラブルには弱いし、システムのことなんてわからなし、勿論、HTMLも読めません。

こういったものは、全て息子の方が上です。

 

いつも携帯を離さないでトイレまで持ち込む息子。

親としては、また、YouTube かい?アプリゲームかい?

なんですけど、

 

そうしたら、そうしたら、

 

英文法もアプリで勉強していましたー。

たまにはこういうこともあるんですね。

 

日本語訳が書かれてあって、その下にバラバラにされている単語があるんです。その単語を並べ替えて、英文を作るというものでした。

パズルに近いかな。

真剣に、というよりかは、ゲーム感覚に近いかなと思います。

机に向かって参考書を開く、というのは、なかなか気合のいることですが、その辺、アプリは車に乗っている間やそれこそトイレで座っている間、寝る前に布団に入りながら、手軽に使えますね。

 

本人はこの手軽さを利用して例文を何回も回すことによって、染み込ませ、英語アレルギーをなくそうというとしているようです。

現代っ子ならでは発想です。

 

私は勉強というと『机』&『集中』

これも人によるのかな?

私は一人静かなところで、ガーっと集中する方が好き。

ブログ記事なんかも、自宅の自室が基本で、カフェとかでは気が散って無理だと思います。

一方、息子みたいにアメリカン?な人は、ウォークマンで音楽を聴きながら、例文を見た方が集中できるそうなんです。

私にしたら、『ヘーっ』でしかないんですけど、本人がそうならいいんですよね。

息子とは違いが本当に多すぎます。そして、驚くことも多いです。

 

覚え方には、

読んで覚える
聴いて覚える
書いて覚える
話して覚える

いろんな覚え方がありますが、どの感覚が発達しているかで人によって違うんですよね。

私は目で確認したい人。だから、読んで覚えるが一番向いています。

息子は耳で捉える人。流れやストーリー性のあるものは一度聴いたら入るみたいです。人の話もおそろしいほど覚えています(汗)

そうそう、それから、変な器用さもあります(笑)

時々息子は、イヤホンとヘッドホンを同時使用するんです。

これをするのは、友達とライン通話とかする時なんですけどね、イヤホンは会話用の音を拾うため。ヘッドホンが音楽やYouTubeを聴くためなんだそう。本人にとってはバックミュージックらしいです。

耳が4つ欲しい、などとアホなことを言うし、時々こんな息子を見ると、悩んでるのがアホらしくもなってきます・・・

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

信頼性を高めるコツとはこういうことか♪

  先日の記事で懐かしい方に連絡を取った・・・ と書いた途端、今度は懐かしい方とバッタリ会う機会がありました。会うというか見かけたと言う方が正しいですね。 見かけた後、私がメールを送り、話の …

年末年始は自分と向き合って過ごします^^

  今日から3連休でもうすぐクリスマスですね。 そして、今年も残り一週間ほど。 私はというと、大掃除とまではいかなくとも、いつもより丁寧に掃除をしたり、今まで学んだ教材や本をオークションにか …

ある女子校生の話から。彼女の好きなマンボウとは?

  今日は息抜きブログ。 くだらない内容です^^   私はカフェで本を読んだり、書き物をしたりすることが多いです。 で、先日行ったカフェでの出来事。   私は窓に面したカ …

不登校の子供って変?息子が変なだけ?でも、これはチャンスです!

  今日はちょっと思い出した話を(笑) 子供って本当に面白いなぁって思います。 好きなものは好き! 楽しいことをするのが大好きで、それに一直線に向かっていきます。   息子がよく入 …

今日は生きていることに感謝し、どのように生きていくかを確認する日・・あの日を思う

  今日は震災の日。 もう6年になります。当時息子は小学校6年生でした。 思い返せばいろいろなことが蘇ってきます。 当時の息子の姿も声も覚えていますし、今は亡き母の姿もね。 母はがんが転移し …