【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

思い込み

自分を変えるために、自分の習慣を壊してみました

投稿日:2016年9月21日


 

最近の私は、自分の中に緩さが出てきています。

元々、どちらかというと完璧主義に近く、ある程度きっちりと計画も立て、無駄がないように行動するのが好き。

予定通りに事を終えたときの『うん、思うとおりに進めた』感が好きなんですよね。

短時間で最大の効果を!という省エネ思考、省エネ行動です。

ただ、他者が介在したり、周囲の状況次第では、思うとおりに進まないこともあります。

というか、これが普通ですよね?

これは慣れでしかないのかもしれませんけど、障害物をうまく交わし、ちょっと回り道をしたりした方が結局は早いこともあって、自分の中での折り合いの付け方でもあります。

 

ということで、何が言いたいのかというと、

昨日は彼岸供養のお知らせが前々から来ていたんです(嫁いだ身ですが、私の実家の墓守をしています)

今までね、叔父や叔母の目も気にしつつ、真面目に(笑)供養にも欠かさず参列していましたが、今回は優先事項を変更したんですよ。

何が・・・というわけではないんですけど、頑張る自分を解放しようかなと。

私も歳をとっていくわけで、いつまでも思い通りに動けるわけではありませんしね。

年に3回ある合同での供養。
熱心な檀家さんもいるでしょうが、みなさん、個々の事情により参列しています。

私の両親は欠かさず参列し、出ないと気持ち悪さを感じる、そんなタイプの二人だったんですね。

これはもう本人の心の問題。それで落ち着くならそれでいいんですよ。

私も両親を見ながら『何でそんなに縛られているんだろう???』と思ったこともしばしばで、そう思いながらも、私にもその習慣は染み込んでいたようです。

 

そこで、ちょっと自分の習慣を壊してみようかなって。正直、多少の負担を感じていた自分がいたものでね。

 

今日のところはまだ『あ、行かないでしまったな』という感覚はありますけど、これで供養参列も楽にできるようになるような気がしています。

今回はこれでいい。
叔父叔母に何かを言われよとも、いつでも完璧にできるわけではないということも、今後あるわけですから・・・

合同の供養に参列しないだけで、実家のお墓、親戚のお墓はお参りはします。

 

壊れたところに新しいものができる。
破壊して創造する。

家を建てるときも、壊してから作ることで新しく生まれ変わります。リフォームとは全然違いますね。

 

壊すことは決断と勇気が必要ですが、自分を縛っている習慣がないか?

過去からの染みついた習慣で自分が当たり前と思っているものがないか?

自分が気付いていないだけで、このような習慣の一つや二つは誰でも持っているはずです。

我が家で非常識だったことが、他の家では普通すぎる常識ということは探せばゴロゴロ出てくるでしょう。

ここも自分が殻を破れるかの壁。

ここで、あなたのやってることは✖✖ですってやっていると、自分の習慣はまだ壊せません。

『もしかして・・・』という心の声に耳を傾けられるようになると、破壊もできるようになります。

 

『これって本当に正しい?』
『これをしなかったらどうなる?』

ちょっと自分に問いかける習慣を続けているといいですね。

常識はところ変われば常識ではなくなりますから。

 








-思い込み

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

不登校の子供の持つ自分のイメージを変えるには?

  昨日たまたまメールボックスを見てて、あるオーディオ教材を即買いしました^^ 衝動買いではありませんよ。 前から購入しようとは思っていて、タイミングだけの問題だったのです。 今、その方の本 …

誰でも思い込みに支配されている。その思い込みに気付くことで見える世界が変わってくる。

  『もっと早くやっておけばよかった・・・。』 これは、昨日発した息子の言葉です。 もしかしたら、今後大学を受ける予定のお子さんもいらっしゃるかと思うので、書いておきますね。 息子は高校3年 …

傷つかない自分になるために

  今日は私が抱えている不安について書いていきます。 この不安があるからこそ、私は対処方法を考えて、できないなりにトライし、そこからの改善も試みています。   私の不安とは・・・ …

『主婦』という言葉はあまり使わない私ですけど、便利なときもあります^^

  外からは雨の音。 昨日から主人が4連休です^^ 主婦の方、主婦でも仕事をしている方、或いは主婦で主に自宅で仕事をされている方、主婦でもそれぞれの立場でこの4連休と言い方は意味が異なるなあ …

子供のやりたいことをやらせる母の気持ち

  最近、あるテレビを観ていて思ったこと。友人との会話から考えさせられたこと。 ここに一つの共通点がありました。 それは、私が共感できる『親としての在り方』です。   自分でいうの …